Skip to content

著者プロフィール

Pocket

自動車部品メーカー2社を経て、大手自動車メーカーの実験エンジニアとして働き、自動車エンジン部品及びエンジンの研究開発に携わる。

研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。 自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。 また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。

しかし、順風満帆ではなく、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。

ブログやYouTube などのネット媒体の強化をしつつ、これからの自分について、具体的に考える良いきっかけになり、エンジニアからエンスーへの道を見据える事となり、「エンスージアストの道」のFacebook page、ブログ、そしてYouTube動画による批評を更新中。

もっとも自分が好きなスポーツカーを純粋に楽しみ、世の中に活力が与えられるクルマ系インフルエンサーとなり、社会貢献を果たしていく所存である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。