Skip to content

スタンフォード式最高の睡眠 西野精治

Pocket

■背景・目的

私は今、運動と睡眠を課題に、日々自分がベストなコンディションを保てるように工夫を工夫を重ねて探索と実践を行っています。
運動は、効果を身体で実感出来ているので、毎日のルーティンに近い状態まで持っていく事が出来ていますが、睡眠は中々思うように質を上げる事が出来ません。これまでも睡眠術については、幾つかの知見を得て来ましたが、更に効果的で質が上げられる睡眠の手法を探索すべく、スタンフォード式睡眠術の本書を手になりました。

■気づき

➀睡眠の質は、最初の90分のノンレム睡眠で決まる!

➁深部体温と皮膚温度の差を縮める。

➂寝る前の90分前に入浴を終えて、手足からの熱放散により、深部温度を下げる。

■ 所見

今まで得た知見以上に理論だけでなく、やり方や時間の設定について記されているので、読んだその瞬間からフィードバックする事が出来るので、非常に読む価値のある本でした。

特に、私の困りごととして、眠っているはずなのに朝起きてからも眠気が残っており、しっかりと覚醒出来ていません。

本書によるとその原因と考えられるのが、睡眠時無呼吸症候群を疑って欲しい事が書かれています。

アジア人は顔が平たく、下顎が奥まり、気道がもともと狭いようです。その場合、大きないびきをかき、よく息が止まるのだそうです。健常者でも睡眠中に時々呼吸が止まるのは珍しい話ではなく、大人の場合、10秒間の呼吸停止が1時間に5回あれば問題ないとされているようです。

しかし、睡眠無呼吸症候群は、1時間に15回以上も呼吸が止まり、60回以上も止まる人もいて、この状態だと1分ごとに10秒も20秒も、首をグッと絞られたのと同じ状態で眠っている事になるようです。

このような症状になっていると、眠った気がしなくなるといいます。なので、鼻で吸って鼻で吐く複式呼吸を日中意識して行い、習慣になってくれば、解消されるだろうと書かれていました。

これ以外にも睡眠改善をするための手段が書かれているので、悩まれている方や更に日中の覚醒時のパフォーマンスを上げたい方にはオススメの一冊です。

Categories

書評

Tags

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

One thought on “スタンフォード式最高の睡眠 西野精治 Leave a comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。