Skip to content

マインドフルネスの教科書 藤井英雄

Pocket

■背景・目的

今まで悩んでいた事がありました。ここ数年自己肯定感が持てず、それはうつ病を発症してから特に感じていました。

しかし、最近の脳科学の研究では、有酸素運動をする事によって、BDNF(脳由来神経栄養因子)により、成長ホルモンが分泌し、脳の神経細胞が拡張されて、年を取っても運動次第で、脳の機能を維持または成長させる事が出来ると言われています。

有酸素運動は、習慣化しつつありますが、さらに思考術により、自己肯定感を強固な物にしたいと思っていたので、マインドフルネスの教科書を読む事にしました。

■気づき

①マインドフルネスは、ネガティブ思考を客観視して、距離を取る技術である。

②客観的とは、善悪、好悪の評価をしないという事である。

③マインドフルネスでネガティブ思考を手放し、ネガティブ感情を癒やし、ネガティブな言動を減らして行くことで、このネガティブスパイラルを断ち切る事が出来る。

■これからの自分

Yes. Noでない、0.100%でもないあらゆる対人関係で生じた問題をニュートラルな中間的な思考を実践する事がマインドフルネスその物であると私は考えます。

それを実践することで、自己肯定感を維持し、ネガティブ思考を少なくする事で、精神的に楽な自分を作り上げ、自己肯定感の強化を図って行きたいと思います。

 

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。