By | 2017年6月3日
Pocket

その中でも、ブログで書評や製品の紹介をする上で重要だと感じたのは、本や製品などの物から得た情報や経験から、自分の体験を絡めて語るという書き方です。

なぜなら、本の書評や製品の紹介について、触れる事によって自分でしか語れないオリジナリティある内容の文章を書く事が出来、それを発信することで付加価値として浸透し、書き続ける事によって、ある一定の愛読者を獲得出来るようになって来ると考えるからです。

例えば、本を読んで内容の説明を書くだけなら、それは発信者のブログなど見なくても、アマゾンのサイト見れば既に書かれています。

しかし、発信者の意見を絡めた内容は、その発信者からしか得る事が出ませんから、読む人によって、ためになったり共感出来たりする場合があるという訳です。

また、文章を作成する事は、自問自答する事でもあります。

書く内容のネタに興味がある読者を代表して、本を読んだり製品を使って、自分に質問をぶつけて、その質問に答える事になるので、時として読者のために成り得る事もあり、やはり、ためになったり共感出来たりする場合があるという訳です。

従って、本の書評や製品の紹介を書く場合は、「自分の体験を絡めて語る」という事を念頭においてみると、書く内容が見えて来て、オリジナリティのある文章が書けるようになると思いますので、ぜひ実践してみては如何でしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2 Replies to “何を書けばいいか消える! 興味を引きつける! スラスラ書けるSNS文章術 山口拓郎 ”

  1. Pingback: 何を書けばいいかわからない人のための うまく はやく 書ける文章術 山口拓郎 – サイトのタイトル

  2. Pingback: 物書きになるために心得ておくべき事 – サイトのタイトル

コメントを残す