Skip to content

物書きになるために心得ておくべき事

Pocket

自己実現に向けて、SNSやブログを通じて、日々情報発信をされている方がいらっしゃいます。

私もその一人ですが、情報発信をする上で重要なのが、社会の役石を担うために何が書けるのかです。

そのための情報発信をしていく上で、記事のコンテンツが明確になっていない方がいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、社会の役石を担うための記事のコンテンツ、ニーズがあって自分が書ける記事のコンテンツの探索方法について考えてみたいと思います。

ニーズがあって、自分が書ける記事のコンテンツを探すためにはどうしたらいいのか?

それは、自分は何者かを明確にする事です。

なぜなら、自分を客観的視点で捉えてコンテンツを発掘していかなければ、人が読みたいと思う記事が書けないからです。

また、自分が何者かがわかっていなければ、自己アピールのしようがなく、発信していく記事は、ただ自分が書きたいことを書くだけに繋がってしまうからです。

SNSやブログだけなら、書きたいことを書くのもいいでしょう。

しかし、将来的に出版社を通じて本を出版したいなら、自分は何者かを明確にして、しっかりと自己アピールが出来て、本のプロフィールを見た時に、この本を書くのに、世界で一番ふさわしいのは私ですと理解して貰うことが必要になります。

そしてもう一つ、自分が何者かを明確にするには、棚卸しが必要です。

例えば、自分は何者、今まで何をしてきた、何に詳しい、何について書けるか?

棚卸しの方法は、何を書けばいいかわからない人のための うまく はやく 書ける文章術 山口拓郎氏 でも紹介しているので、参照して頂けたらと思います。

従って、日々SNSやブロクを書きながら、また日々の経験から自分棚卸しを行い、客観的な視点から自分は何者なのかプロフィールを明確にしていくことが必要です。

そして、実践さえすれば、誰でもニーズのある情報発信が出来るようになると考えますので、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか?

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。