Skip to content

精神科医が教える究極の時間術 樺沢紫苑

Pocket

■背景・目的

現在、サラリーマンをやっているが、自分の時間は、在籍している会社に依存すると言っても過言ではない。
朝6時の起床と猛ラッシュの通勤、定時勤務、夕方からの残業、帰る時間は22時を過ぎており、寝るのは早くても23時。

これでは、帰ってからの自分の時間や家族の時間がほとんど無いに等しい。

健康維持のためには、睡眠は欠かせず、睡眠のコアタイムが6時間と言われているが、帰ってから間もない23時に眠れるかというと、交感神経が優位になっている事の方が多く、実際には満足に睡眠が取れていない事がほとんどである。

これでは、精神的、身体的にも辛く、決していいコンディションを維持しながら仕事をして行けるとは思えず、仕事をする意味が問われる。

従って、少しでも時間短縮が出来る術が無いかと考えるようになり、本videoを視聴する事にした。

■気づき

①サーカディアンリズムの意味は、覚醒時の周期である。

② 仕事の効率は、集中力✕時間の2次元で表される。また、外的要因により集中力が切れる事により、回復するまでに15minはかかる。

③ 自分に取って最適な睡眠と運動を身に付け習慣化する事で、集中力アップを図り、仕事の効率アップにより時間短縮が可能となる。

■to do

① 自分にとって、最適な睡眠と運動を構築及び習慣化する。

② 脳のゴールデンタイムである朝に勉強及び集中力を要する仕事をする。

③ 午後は集中力を回復させるために、昼は30min以下の仮眠また30min程度の有酸素運動を行う。

仕事でまとまった時間が取れない場合、休憩時間に10min程度の早足のウォーキングを行う。

■所見

時短術には、集中力が全てであり、そのために、睡眠と運動をする必要がある。 しかし、睡眠と運動は、チューニングが必要になる。睡眠については、質の向上を図るために、睡眠に有害な事象を徹底的に排除する必要がある。

また、運動は、習慣化から始まり、運動をして疲れない範囲で運動強度をチューニングして行く必要がある。

設定時間は、30分以上1時間以内。まとまった時間が取れない場合は、10分単位で3セットなど、自分の体調の改善レベルと照らし合わせながら、効果代を明確にしていく必要があり、術の効果を得るためには、気長に実践して行かなければならない。

Categories

DVD

Tags

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。