By | 2017年6月3日
Pocket

成熟社会、そして誰でも情報発信が出来る時代だからこそ、雇われ仕事よりも将来的に独立して仕事をしたいと思われている方は多々いらっしゃいます。

どんな仕事でもその気になれば就いてみる事は出来るかもしれませんが、

持続出来ずに姿を消してしまうケースが大変多く、継続的な作業を可能にするだけの持続力が強いられます。

なぜならば、仕事を持続していく自分にとって「必要なだけ」の強さは、フィジカルな力とスピリチュアルな力が互いにバランスを取って機能している時、最も正しい方向性と最も有力な力が生じる事になり、それが自分の健康を維持し、仕事の持続力に直結するからです。

それでは、持続力をつけるためにはどうしたらいいのか?

それは、ほぼ毎日一時間程度のランニングをすること、あるいは泳ぐ事を生活習慣として取り入れる事です。実際に、村上春樹さんが35年の作家業を続けるに当たり、持続力を維持するために毎日行っている運動だそうです。

例えば、私はセロトニン神経を活性化させる事を目的に午前中をメインにトレッドミルを使って、ストレスのかかりにくい低強度のウォーキングを週4~5日行ってきました。

それによって、セロトニン神経が活性化し、やる気が戻って来るようになり、将来的にやりたいと考えているジャーナリストになるためにSNSを立ち上げ、自分のブランディングの準備を始めるまでになりました。

今では、約600人のfollowを頂いており、フィジカルな力の向上だけでなく、スピリチュアルな力もfollowして下さるおかげて向上しつつあります。

大きな事をやるためには、運動を習慣化することは、大変効果が大きい事を体感しています。まずは続けやすい低強度の運動のウォーキングから、まず30分を目処に習慣化される事をオススメ致します。必ず自分の潜在能力が目覚め、やる気に目覚めた自分に出会えるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す