Skip to content

頭の回転を猛烈に速くする! ワーキングメモリを鍛える方法 講師 樺沢紫苑

Pocket

頭が良くなりたい、頭の回転を速くしたいと思うことは常々あるかと思います。

私は、興味のあることは、頭の回転が速くなりますが、興味のないことは、頭の回転が著しく低下するので、どんなことでも適応出来たらいいなと感じる事が多々あります(笑)

ワーキングメモリ(海馬)を鍛えるにはどうしたらいいのでしょうか?

その方法の1つが読書をすることです。

なぜなら、ワーキングメモリを使わなければ、読書が出来ないからです。

読書は、読んだ文章の2〜3行の内容を覚え、新たに読む文章を新しい記憶として覚えながら、また古い記憶は忘れていきながら、ワーキングメモリを使って読み進めて行きます。

ワーキングメモリを使う事によって、よく出てくる内容や興味の引く内容については、側頭葉に保存されて長期記憶として残るようになり、それを繰り返していく事によって、体型的な知識が身につくようになります。

もう一つの方法が運動をすることです。

脳が目覚めるたった1つの習慣運動 瀧 靖之でも書きましたが、30分の有酸素運動によってBDNFの血中濃度が上がるため、海馬の神経細胞の新生が促され、脳の萎縮を抑え、長期的に続ける事によって成長させる事が出来ます。

さらに、仕事において、脳メモリを最大化するルールがあります。

それは、ムダな情報は出来るだけ排除し、脳のキャパを確保することです。

例えば、マルチタスクをせず、1つに絞って仕事をしたほうが、処理速度が速いといいます。

10分で終わる2つの仕事を同時進行でやった場合と、1つずつやった場合では、20分で終わるはずの仕事が、それ以上かかると言われています。

ですから、選択と集中で、ムダな情報を排除する事で、脳のパフォーマンスが使い切れるというわけです。

ワーキングメモリを鍛えられる運動や読書を取り入れる事は効果絶大です。

ぜひ、普段の習慣からトレーニングを重ねてみてはいかがでしょうか?

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。