Skip to content

1時間で学ぶ究極の読書術 講師 樺沢紫苑

Pocket

本がもっと楽に読めないか? 読書した内容をしっかりと吸収して、自分の物に出来ないか?

と思い悩んでいる方がいらっしゃるのではないでしょうか?

私も、本を読むのが苦手で、300ページ近くあるビジネス書を買い始めたときは、一冊読むだけでもやっとで、読んだらすぐに挫折してしまい、習慣化することが出来でした。

また、読んだ内容の事もほとんど理解しておらず、まったく身につく事がありませんでした。

しかし、「読んだら忘れない読書術」を読むことによって、自分の読書に革命をもたらしました。

それは、アウトプットを前提とした読書をすることです。

なぜなら、アウトプットを前提とした読書をすることは、その本を読む目的を明確しておく必要があり、自分なりの切り口で本を読めるようになるために、本を読むことが非常に楽しくなるからです。

アウトプットをするとは、ブログやSNSで書評や感想を書いたりする事です。

これらは人に読まれるので、本を読む前から、どのような事を書こうか考えて読む必要があります。

私の場合は、興味がある本を買って、その段階から何が知りたいかある程度の内容は描いていますが、目次を眺めて、興味のある所から読んで行きます。

最終的には、全て通して読みますが、心に響いた、興味が沸いた、覚えておきたい所にアンダーラインを引いて、最後に自分はこの本を読んだ目的は何だったのかを考えて、アンダーラインを引いた所をベースに、内容を掘り起こして書評を書いて行きます。

それによって、読書が格段に捗るようになり、ブログやSNSを使って書評を書いてアウトプットをすることによって、本の内容を理解し、読書を重ねて行くことによって、知識を自分の物に出来るようになって来ました。

読書とは、読んで書くことですから、本は読むだけではなく、読んだら書評を書いてみる癖をつけてみると、知識を得る事に革命が生まれ、自己成長を果たしていける事と思いますので、ぜひアウトプットを前提とした読書をオススメします。

今回の塾の動画は、読んだら忘れない読書術の出版セミナーとなったものです。

Categories

セミナー

Tags

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。