Skip to content

SLEEP ショーン・スティーブンソン

Pocket

■背景・目的

睡眠の質が悪く、朝の起床が辛く、その悩みを抱えている方は多々いらっしゃると思います。

そこで、正しい睡眠の技術を取り入て、朝の起床の改善のために本書を読む事にしました。

■気づき

➀午前中運動を行い、週2日はウエイトトレーニングを行う。競合しない2ヶ所を同時に鍛える。

➁アラームにスマホを使用しない。また、スマホはリビングに置く。携帯電話が発する放射線で貴重な睡眠を阻害される事がなくなれば、睡眠の質は間違いなく大きく改善される。

③仰向けが最良の寝る姿勢である。

いびきや睡眠時無呼吸を招くリスクが増大。重力で舌の根本が下がって、気道を塞いでしまい、正常な呼吸がしづらくなる。

■to do

➀1セット3分、腕立て30秒×スクワット30秒×休み2分×10回の30分のウエイトトレーニングを週2日行う。

➁就寝前及び入浴後の90分は、スマホ、パソコンは控え、リビングの机にアラームをセットしたスマホを置いて就寝する。

③枕を使わず、仰向けになって眠り、瞑想(呼吸法)を取り入れる。腹部を意識して、2秒間鼻から息を吸い一度留め、2秒間鼻から息を吐く。これを5〜10分間繰り返す。

■まとめ

睡眠の質の改善で大きいと思ったのは、ウエイトトレーニングでした。これをやった2日後から、夜中目覚める事が少なくなり、質の向上が実感出来ました。

また、これ以上にも睡眠の質を向上させる興味深い手法が記載されているので、効き目度合いによって、取り入れて行こうと考えています。睡眠の質に悩んでいるなら、読まれる事をオススメします。

Categories

書評

Tags

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

One thought on “SLEEP ショーン・スティーブンソン Leave a comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。