By | 2017年6月3日
Pocket

■背景・目的

睡眠の質が悪く、朝の起床が辛く、その悩みを抱えている方は多々いらっしゃると思います。

そこで、正しい睡眠の技術を取り入て、朝の起床の改善のために本書を読む事にしました。

■気づき

➀午前中運動を行い、週2日はウエイトトレーニングを行う。競合しない2ヶ所を同時に鍛える。

➁アラームにスマホを使用しない。また、スマホはリビングに置く。携帯電話が発する放射線で貴重な睡眠を阻害される事がなくなれば、睡眠の質は間違いなく大きく改善される。

③仰向けが最良の寝る姿勢である。

いびきや睡眠時無呼吸を招くリスクが増大。重力で舌の根本が下がって、気道を塞いでしまい、正常な呼吸がしづらくなる。

■to do

➀1セット3分、腕立て30秒×スクワット30秒×休み2分×10回の30分のウエイトトレーニングを週2日行う。

➁就寝前及び入浴後の90分は、スマホ、パソコンは控え、リビングの机にアラームをセットしたスマホを置いて就寝する。

③枕を使わず、仰向けになって眠り、瞑想(呼吸法)を取り入れる。腹部を意識して、2秒間鼻から息を吸い一度留め、2秒間鼻から息を吐く。これを5〜10分間繰り返す。

■まとめ

睡眠の質の改善で大きいと思ったのは、ウエイトトレーニングでした。これをやった2日後から、夜中目覚める事が少なくなり、質の向上が実感出来ました。

また、これ以上にも睡眠の質を向上させる興味深い手法が記載されているので、効き目度合いによって、取り入れて行こうと考えています。睡眠の質に悩んでいるなら、読まれる事をオススメします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

One Reply to “SLEEP ショーン・スティーブンソン”

  1. Pingback: 「苦しい」が「楽しい」に変わる本 樺沢紫苑 – サイトのタイトル

コメントを残す