Skip to content

dyson v8 fluffy+ 手間要らずで稼働率を上げるコードレスクリーナー

Pocket

ダイソンの掃除機を買う際に、従来のキャニスタータイプかコードレスタイプを買うかを悩まれて買う方がいらっしゃるのではないでしょうか?

私もダイソンの掃除機を買う際には、非常に悩みました。

結論から言うと、コードレスタイプを買うことをオススメします。

なぜならば、何も躊躇することなく、即座に掃除が出来るからです。

例えば、キャニスタータイプの掃除機は、コードレスタイプに比べて、掃除のはじめと終わりの際にコードの出し入れの手間に駆られます。

掃除機を出し入れするたびに、コードの出し入れがあることによって、掃除をする意欲を失いがちなので、キャニスタータイプは、掃除の頻度が多ければ多いほど稼働率が下がる傾向にあります。

しかし、コードレスタイプなら、壁にかけて常に充電をしてスタンバイしておけるので、小さい子供がご飯やお菓子を食べて、想定し得ない突発的な食べこぼしにも、毎時即座に対応が出来るので、億劫になることなく、こまめに高い頻度で掃除が可能になります。

また、コードレスタイプは、運転時間が非常に気になる所ですが、V8ならばノーマルモードで40分の運転が可能なので、2〜4LDKなどの一般的な家の広さなら、十分な運転時間を確保しています。

そして、このfluffy+のいい所は、付属品でフレキシブルタイプの延長ホースが付属していることです。

これによって、スキマノズルを使って、ソファーの下などの狭い所でも掃除が可能です。これは、非常に使える付属品で、あとで付属品を買うと割高なので、セットで買うことをオススメします。

従って、ダイソンのコードレスクリーナーは、毎日の掃除機の稼働率を高めてくれます。それによって、掃除が億劫になることなく、いつも綺麗な空間を保ってくれるので、小さなお子様がいる家には、特にオススメな1台です。

IMG_1224

IMG_1226

IMG_0149

 

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。