By | 2017年6月18日
Pocket

2014年以前までは、様々なSEO対策がありました。

  • キーワードを増やす
  • 被リンクを増やす
  • アメブロを使う
  • WordPressを使う
  • YouTubeを使う
  • Google+を使う

など

こういった物を使えば、検索エンジンで上位表示やアクセス数を稼ぐ事が出来たそうです。

しかし、Googleの動きが変わり、「Open Platform」という考え方に移行しています。

一言でまとめると、Googleの検索エンジンによって、社会的に良好なサイト検索サービスを進めて、アルゴリズムで、ウェブサイトの内容の良否判断が出来るシステムに切り替わったという事です。

それでは、これからは、どういった事に気にして、ウェブ運営をしていったらいいのでしょうか?

それは、ウェブサイトの内容をより良好で深い記事にする事です。

なぜなら、SEO対策は、ビジネスモデルそのものを育てる事と同意だからです。

以前のブログ「ブログは本と同じように書く」で、SEO対策の一貫として、ブログは本と同じように書く事を書きました。

本と同じように書くことによって、タイトル、序文、章立て、見出し、内容、目次を入れる事によって、内容がはっきりする記事に仕上がり、Googleのクーロルが回りやすくなるため、結果的にSEO対策が出来るという訳です。

従って、ネットのツールの問題ではなく、コンテンツ勝負になったことなので、無名の人間であっても、コンテンツさえしっかりとした記事が書ければ、多くの人に読んでもらえるチャンスが出てきたという事だと思います。

しかし、良いコンテンツを書いている方は、五万といらっしゃいます。ですから、数あるカテゴリの中から専門性を徐々に絞り込んでいき、その内容にフォーカスして、自分独自の内容に仕上げて行き、独自キーワードを育てていくことがポイントになりそうです。

IMG_0666

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す