Skip to content

Open Platform対策 講師 島 青志

Pocket

2014年以前までは、様々なSEO対策がありました。

  • キーワードを増やす
  • 被リンクを増やす
  • アメブロを使う
  • WordPressを使う
  • YouTubeを使う
  • Google+を使う

など

こういった物を使えば、検索エンジンで上位表示やアクセス数を稼ぐ事が出来たそうです。

しかし、Googleの動きが変わり、「Open Platform」という考え方に移行しています。

一言でまとめると、Googleの検索エンジンによって、社会的に良好なサイト検索サービスを進めて、アルゴリズムで、ウェブサイトの内容の良否判断が出来るシステムに切り替わったという事です。

それでは、これからは、どういった事に気にして、ウェブ運営をしていったらいいのでしょうか?

それは、ウェブサイトの内容をより良好で深い記事にする事です。

なぜなら、SEO対策は、ビジネスモデルそのものを育てる事と同意だからです。

以前のブログ「ブログは本と同じように書く」で、SEO対策の一貫として、ブログは本と同じように書く事を書きました。

本と同じように書くことによって、タイトル、序文、章立て、見出し、内容、目次を入れる事によって、内容がはっきりする記事に仕上がり、Googleのクーロルが回りやすくなるため、結果的にSEO対策が出来るという訳です。

従って、ネットのツールの問題ではなく、コンテンツ勝負になったことなので、無名の人間であっても、コンテンツさえしっかりとした記事が書ければ、多くの人に読んでもらえるチャンスが出てきたという事だと思います。

しかし、良いコンテンツを書いている方は、五万といらっしゃいます。ですから、数あるカテゴリの中から専門性を徐々に絞り込んでいき、その内容にフォーカスして、自分独自の内容に仕上げて行き、独自キーワードを育てていくことがポイントになりそうです。

IMG_0666

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。