By | 2017年6月22日
Pocket

ブログを持とうと考えた時、ビジネスでも趣味でも、どうせ書くのだから、多くの人に見てもらいたいのは、誰しも思うことです。

Yahoo ブログ、楽天ブログ、アメブロなど様々なブログがありますが、WordPressが良いと言われています。

それでは、なぜWordPressが良いのでしょうか?

それは、Googleの検索にかかりやすいSEO対策に則った編集フォーマット形式になっているからです。

SEO対策に則った編集フォーマット形式の詳細は、「ブログは本と同じように書く」でも書きましたので、そちらを読んで頂けたらと思います。

また、WordPressは、フロントページを見てもらうと分かりやすいですが、ブログでもHPでもなく、CMS(コンテンツマネージメントシステム)と言われています。

これは、昔のように、テキストや画像、容量の小さい動画などを貼り付けてHPを作っていた時代が有りましたが、今はデザイン、画像、動画がメインで使われ、これらの更新頻度が非常に多くなりました。

更新頻度が多くなければ、勝ち残っていけないので、この流れに対応すべく、CMSが導入されて、更新が簡単、豊富なテーマからデザインの変更が簡単で何度も可能、プラグインにより簡単に機能の拡張が可能など、今の時代に対応したこれらの機能が備わっているので、WordPressがいいと言われています。

さらに、独自ドメインが、検索順位を大きく左右すると言われています。

なぜなら、無料ブログですと、そのブログのドメインの中で順位を争って、上位3人程度しか検索エンジンにかからないと言われているからです。

これらも視野に入れて考えると、WordPressは非常に強いツールになってくれます。

しかし、ツールを手に入れた瞬間に、コンテンツが勝負になるので、如何にネタ切れせず、充実したコンテンツを長期に渡り配信出来るがか、CMSを育てるポイントになると言えそうです。

コンテンツのネタについての考え方は、「物書きになるために心得ておくべき事」をご覧頂けるとヒントが得られるはずです。

また、日頃から記事を書いていると、カテゴリを決めて、タグづけを続けていくことによって、「自分は何が書けるのか?」が見えて来るので、そこからヒントを得る事も可能になって来ますので、記事を増やすことをオススメします。

IMG_0668

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す