Skip to content

トレーシー・アロウェイ ロス・アロウェイ【脳のワーキングメモリを鍛える! 】

Pocket

今まで、仕事や趣味などを通じて、ワーキングメモリ(作業記憶)が悪く、もっと脳力が高くなれたらいいなと思った事がないでしょうか?

それでは、ワーキングメモリを強化するためには、何をやったらいいのでしょうか?

それは、野性に準じた生活をすることです。

なぜなら、野性に準じた生活をすることによって、脳の情報過多から開放され、運動することによって、前頭前皮質が活性化し、良好な睡眠によって、脳が明晰な状態を保てるからです。

例えば、脳の情報過多については、我々は玉石混交の情報化社会にさらされており、常に情報が飛び交う中、日々ワーキングメモリを使って生活をしています。その典型的な例がスマホやテレビなどを通じて、マスメディアにより受動的な生活にさらされるケースです。

それに開放されるためには、スマホやテレビの電源を極力切り、受動的な生活から抜け出し、能動的な生活に切り替える必要があります。それによって、情報過多から抜け出すことが出来、余計な情報取り除くことによって脳の負荷が減り、ワーキングメモリの本来の力が戻って来きます。

運動については、ランニングをすることによって、脳の認知機能の中枢である前頭前皮質が活性化するために、ワーキングメモリを鍛える事が出来ます。その理由は、ランニングをすることによって、脳への血流を良くし、ヘモグロビンの量を著しく上昇させることが出来るためです。

ポイントは、脳トレに有効的な有酸素運動ではなく、ランニングをする事ですが、ランニングは、ウォーキングほど速度が安定したおらず、なかなか先の予測が立てられない上、スピードや走り方の変化に常に意識を向けなければならないため、ワーキングメモリが稼働し、前頭前皮質が活性化したと考えられています。

最後に、睡眠については、朝はしっかりと決められた時間に起きて、夜も決められた時間に寝ることです。成人は、7〜9時間が必要な睡眠時間であると言われています。

ワーキングメモリのもっとも重要な機能のひとつは、海馬に蓄積されている情報に素早くアクセスすることです。ワーキングメモリと海馬を結びつけるには、睡眠が欠かせず、しっかりと睡眠を取ることで、ワーキングメモリは集中力維持に貢献出来るようになり、はじめてポテンシャルを発揮出来ます。

従って、玉石混交の情報に飲み込まれないこと、適度な運動すること、しっかりとした睡眠をとること、一昔前までは当たり前であった野生に準じた生活をしていくことが、脳の健全化を図る事が出来、本来持っているワーキングメモリのパフォーマンスを発揮することが出来ます。

ぜひ、今の視点とは違った、俯瞰した視点で自分を見つめ直す事で、本来の自分の実力を取り戻せると思いますので、ぜひ一度考える機会を設けてみては如何でしょうか?

Categories

書評

Tags

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。