By | 2017年6月26日
Pocket

文章術の向上の1つに、キャッチコピーを熟慮することを以前の記事「キャッチコピー力」で紹介をしました。

5つのキャッチコピーについて紹介をしましたが、その中で疑問形を使うというのがあります。

それでは、なぜ疑問形を使うといいのでしょうか?

それは、読む人が求めている文章を書くこと出来るからです。

なぜなら、人から読んで貰うための記事の場合は、自分が書きたいことを書くのではなく、読む人が知りたい事を書くことによって、はじめて興味が持てる記事になるからです。

例えば、人のために何か書きたいのであれば、自分が書きたいことを書くのではなく、自分は何が書けるのかを命じて書かなくてはなりません。

自分が記事を書くのですから、自分で疑問を投げかけ自問をして、答えが出たら読んで貰う人のために自答をします。

自分で疑問を投げかけ自問するきっかけ作りが出来るようになると、客観的な視点を得る事が出来るので、読む人が知りたい文章が書けるようになってきます。

また、自問することによって、知りたい不の解決のターゲットが絞られて来るので、インプット力がアップしていきます。

さらに、知りたい不の解決を自答していくことになるので、インプットした情報を書く行為によってアウトプットすることになるため、自分の知識へと転換されて行きます。それを自分の実例に沿ってさらに具体的な例を重ねて書く事によって、より説得力のある形で、自分にしか書けない文章が出来上がって行きます。

従って、文章を書く上で、見出しに疑問形のキャッチコピーを置くことによって、読む人が知りたい文章が書けると共に、インプット力が上がり、自己成長へと繋がり、オリジナリティが強化されます。また、人の視点で考えられる思考力が強化されるために人間力がアップできるので、「なぜマニア」になる事をぜひオススメします。

IMG_0670

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す