Skip to content

ポルシェボクスターGTS【PCCBの付き合い方】

Pocket

PCCBについて色々と懸念事項が叫ばれているので、私なりに情報集めて、どのように使って行けばいいか方向性が出たので投稿します。

サーキット走行を含め、ブレーキが過負荷になる状況においては、摩耗は増大する。
クラックによるクレームは、ポルシェセンター横浜青葉の見解では、今までの実績では1件しか出ていない。

また、保証期間内であれば、サーキット走行でクラックが入ってしまった場合でも保証の対象となる。
それは、サーキット走行も視野に入れたブレーキシステムであるため。
しかし、ローター摩耗の使用限度を超えてしまっていてクラックが発生した場合には、保証の対象外となる。

従って、クルマを買って、保証期間の2〜3年くらいは、さほど神経質になる必要はない。
しかし、サーキット走行を視野に入れたクルマの使い方をする場合には、通常のスチールローターと同様、消耗品扱いとして捉える必要がある。

それに伴う予算が厳しい場合には、スチールローター&パットに交換した上で、サーキット走行を楽しむ方が、ランニングコストが抑えられる利点がある。

しかし、あるショップさんでは、PFCローター及びPAGIDパットのセットが62万からのようなので、セラミックローターほど費用はかからないが、それなりのメンテナンス費用は必要になる。

よって、通常の考え方と同じように、走りの強弱に応じたメンテナンスをしなければならないと言うことですので、PCCBだから特殊な使い方をしなければならない事はないと言えると思います。
あえて特殊なのは、ローターの費用だけでしょうか。

fullsizeoutput_9dc

IMG_9764

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

One thought on “ポルシェボクスターGTS【PCCBの付き合い方】 Leave a comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。