Skip to content

ポルシェボクスターGTS type 981 【最後のNAフラット6エンジンの魅力とは】

Pocket

一般的と言える内容ではないかも知れませんが、少なくともポルシェについて知っている方であれば、NAフラット6エンジンの魅力については、ある程度知っていることでしょう。

昨今、エンジンのダウンサイジング化に伴い、718 boxsterSは2.5L直噴フラット4ターボエンジンとなり、先日横浜青葉のポルシェセンターで試乗させて貰った911カレラも3.0L直噴ツインターボエンジンとなりました。

先月、最後のNAフラット6エンジンになるであろう981 boxster GTSをマイカーとして選びましたが、最新のポルシェは、最良のポルシェであると言われている通り、最新のダーボモデルにしようか非常に悩みました。

特にオープンモデルのスポーツカーに乗りたいと思っていたので、迷わずボクスターでしたので、競合車種は718 boxsterSになりました。

狭山のポルシェセンターのご厚意により、高速道路を含めた試乗コースになりましたが、乗った瞬間から結論が出ました。

それではなぜ、旧型の981 boxster GTSをマイカーとして選ぶ結論に至ったのか?

それはスポーツカーを操る上の演出により、ドライブにより得られる喜びが図り知れなかったからです。

その演出の中で一番強い要素であったのが、NAフラット6エンジンによる存在です。

出力やトルクいわゆる動力性能こそフラット4ターボエンジンには負けますが、

ハイトーンで満たされた力いっぱい上り積めるような、エンジンを回すことによる達成感と開放感は、絶対にNAのフラット6エンジンでしか味わえないテイストです。

これがNAフラット6エンジンからの演出であり、さらにスポーツエキゾーストだからこそ味わえる乾いたエキゾースノート、そしてシフトダウンした時に、ラリー車のようなアフターファイヤーのようなバリバリ音と、エンジンからの演出に演出が加わる事により、さらに走らせる楽しみをもたらしてくれるのです。

スポーツカーを選ぶ時には、どうしても動力性能を意識しがちですが、

一般的な人であれば、サーキットよりもストリートを走っている時間の方が断然多いのが現状ですから、走っていて気持ちがいいと感じる演出が十二分に得られた方が、幸せを感じれるはずです。

逆に、サーキットのように1/1000秒のタイムを争う世界では、楽しさよりも速さが命ですから、ライバルに対して少しでも動力性能が勝っていれば、幸せを手に入れられる確率は高くなりますから、パワーが有った方がいいでしょう。

フラット6の魅力は、普段ストリートにおいて、走って気持ちがいいと感じる演出から、喜びが得られるユニットとして、永続的に魅力がついて行くため、多くのファンを魅了して支持され続けているのです。

ぜひ、今しか味わえない、NAフラット6エンジンを多くの人に楽しんで貰いたいと思います。

 

 

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。