Skip to content

ポルシェ【PCCB交換用スチールローターについて】

Pocket

以前のブログで、PCCBの付き合い方について書きました。
その時、結論が今ひとつでしたので、ここで改めて書きたいと思います。
 
今得られている結論として・・・
  • 価格が高いが、公道で走っている限りはほぼ無交換で済み、ストッピングパワーが非常に高い。
 
  • 高温でローターの攻撃性が非常に高いサーキットで使う場合は、耐摩耗性が非常に悪いために交換頻度が多いこと考えると、スチールローターの方がコスパが高い。
 
従って、私も含めて、サーキットも走りたいという人にとっては、
ローターをスチールに交換したい所でしたが、中々見当たりませんでした。
 
そこ今回、PCCB交換用スチールローターの情報を入手したので、シェアさせて頂きます。
  
PFC JAPANから直接情報を頂きました。
以下引用です。
   
981ボクスターGTS PCCB用のスチールローターキットは通常ラインナップにはありませんが、ワンオフで製作実例がございます。
フロント 206,200円 / リア 306,000円 共に税別です
製作に1か月ほど頂戴します。
 
ブレーキパッドはフロントは991カレラS(スチール)用、リアは996GT3(スチール)用の形状を使用します。
PCCB用のブレーキパッドはスチールローターには使用できません。
 
また、ご存知の方も多いと思いますが、SUNRISE BLVDでも取り扱っているので、問い合わせて見たところ、以下回答を頂きました。
以下引用です。
 
PFC前後ローターキット+パジットRS29ブレーキパッド 概算工賃含まず ¥620,000〜
との回答でした。
 
そもそも相見積が取れず、サンライズさんのスチールローター62万円が高いと思っていたので、直接問い合わせをしましたが、実際の所はパッドを含めて考えると、大きくは変わらなそうです。
しかし、200万円が60万円ちょっとと1/3程度で済むのですから、維持を考えると非常に嬉しい話です。

ちなみに、標準のブレーキの場合、
フロント 138,000円+税 / リヤ 110,000円+税 とPCCB用スチールローターに対して1/2程度の価格なので、もっとバリバリサーキットを走るなら、キャリパーも標準にしてしまった方が、よりコスパは高いかも知れません。

しかし、見た目も重要なので、PCCBのキャリパーを使いつつ、スチールローター化が最もいい選択ではないかと私は考えます。
 
981 ボクスター/ケイマンでPCCB装着車のクルマは、あまり出回っていませんが、装着しているクルマでサーキットを走る事を考えていて、スチールローターの交換を検討している方がいらしたら参考にしてみて下さい。

IMG_9764
広告

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。