By | 2017年9月28日
Pocket

営業の高橋さんが気を利かせてくれて、ステップワゴンハイブリッドのカタログを送って来てくれました。

 

前期に対しての大きな変化点は….

・スパーダのマスクが変わった

・ハイブリッドが追加

・渋滞追従機能が付いた

・ハンズフリースライドドアが付いた

・本革シートが選べるようになった

・パフォーマンスダンパーが追加された

・電子制御パーキングブレーキ

・センターコンソールトレイ&充電用USBジャック&AC電源

・オート格納サイドミラー

 

主にはそれだけですが、それでも買い換えたい理由はなんなのでしょうか?

それは、渋滞追従機能が付いたことです。

この手のクルマは、移動手段で乗るクルマです。

渋滞でもアクセルブレーキ操作をしなくて済めば、ハンドルを切る時、センシングのオンオフセット時、駐車時くらいで操作が済むので、ものすごい運転が楽になります。

そんなクルマだったら、ファミリーカーでも積極的に出かけたくなるはずです。

そう考えると買い換えるか悩むわけです。
携帯みたいに、センシングのプログラムをアップデートしてくれるのが1番いいんですが、ハイブリッド車のみの装備で、ガソリン車には対応していないようです。

週末、実車の試乗で、渋滞追従機能の使い勝手を検証したいと思います。

IMG_0695

IMG_0697

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す