Skip to content

ホンダステップワゴンハイブリッド

Pocket

営業の高橋さんが気を利かせてくれて、ステップワゴンハイブリッドのカタログを送って来てくれました。

 

前期に対しての大きな変化点は….

・スパーダのマスクが変わった

・ハイブリッドが追加

・渋滞追従機能が付いた

・ハンズフリースライドドアが付いた

・本革シートが選べるようになった

・パフォーマンスダンパーが追加された

・電子制御パーキングブレーキ

・センターコンソールトレイ&充電用USBジャック&AC電源

・オート格納サイドミラー

 

主にはそれだけですが、それでも買い換えたい理由はなんなのでしょうか?

それは、渋滞追従機能が付いたことです。

この手のクルマは、移動手段で乗るクルマです。

渋滞でもアクセルブレーキ操作をしなくて済めば、ハンドルを切る時、センシングのオンオフセット時、駐車時くらいで操作が済むので、ものすごい運転が楽になります。

そんなクルマだったら、ファミリーカーでも積極的に出かけたくなるはずです。

そう考えると買い換えるか悩むわけです。
携帯みたいに、センシングのプログラムをアップデートしてくれるのが1番いいんですが、ハイブリッド車のみの装備で、ガソリン車には対応していないようです。

週末、実車の試乗で、渋滞追従機能の使い勝手を検証したいと思います。

IMG_0695

IMG_0697

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。