Skip to content

ソニーアクションカムFDR-X3000【撮影の実際】

Pocket

クルマが好きな人は、自分が走らせているクルマのシーンを見てみたいと思うはずです。

しかし、走っているシーンが見えるのは、建物のガラスに写った時だけで、じっくりと見る事が出来ません。

そこで前回、クルマの撮影が容易に出来るアクションカムで、ソニーのFDR-X3000について紹介をしました。

しかし、前回の撮影は、車内の車載と外から撮影した映像で、カメラは主に静的な状態で使っていました。

今回は、並走車両を使って、実際に動的な状態下で撮ってみて、気づきがありましたので、シェアしたいと思います。

  1. Wifiが受信しにくく、モニタリングしながら動画がほとんど撮れない。
  2. 撮影中カメラは高温になるので、風が通らない場所の撮影は、極力短時間で終える必要がある。
  3. 天気が悪い時やWDRを使って、暗い場所を撮る際は、極力クルマが近い場所にないと解像度が著しく悪くなる。
  4. 広角レンズのため、クルマを近くで撮影すると、実際のボディーのフォームで収録が出来ない。

以下、実際に撮影した動画の抜粋です。





従って、やるべき事は…

  1. 出来るだけ天気が良い日中に撮影をしてしまう。
  2. モニタリングが期待出来ないので、フロント、リヤビューは、車間距離の条件出しを行う。
  3. サイドビューは、サイドの車間と広角の調整の条件出しをする。

一方で、音声は、bluetooth付きマイクロフォンで、外部入力して収録上手くいっているので、前回紹介したままで問題ありません。

次回は、晴れている時を狙って、もう少し満足の出来る動画にチャレンジしたいと思っています。

以下、比較動画です。

【ソニーアクションカム FDR-X3000で撮影】

 

【i-phone7で撮影】

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。