By | 2017年10月28日
Pocket

私の愛車であるboxster GTSのオプションを含めた仕様詳細について紹介したいと思います。

ポルシェは、他メーカーのクルマと違って、オプションで構成させているクルマです。

車両の本体価格は、それほど高くなくても、車両本体だけですと、ほとんど何もついておらず、オプションを付ける事により、それなりの値段になってしまいます。

以下、オプションの一覧になります。

【GTS オプション一覧】

・自動防眩ミラー
・同色ロールオーバーバー
・PCCB
・スポーツシャシー (標準車比車高-20mm)
・PTV+LSD
・カレラSホイールマットフィニッシュ(ブラックカラー塗装)
・カラークレストホイールキャップ
・室内センサー盗難防止アラームシステム
・インテリアライトデザインパッケージ
・シートヒーター
・スモーカーパッケージ
・フロアマット
・GTSインテリアパッケージ
・スポーツデザインステアリング (アルカンタラー→本皮)
・シフトノブ(アルカンタラー→本皮)
・BOSEサウンドシステム
・同色フロントリップ
・同色リヤディフューザー
・同色サイドミラー
・同色ヘッドライトウォッシャーノズル
・アクリルウィンドリフレクター

私の場合は、幸いにして、タイミング良くポルシェセンター横浜青葉店で、希少且つ程度の良い981GTSと巡り会う事が出来たので、非常に幸いでした。

中古車の場合、オプション分は、車両価格に反映されないのが現状ですので、オプションがたくさん付いている分、お買い得です。

ポルシェ全般で見られるのが、スポーツクロノ、スポーツエキゾースト、PASM(減衰調整式サスペンション)などの、走りに必須となるオプションが付いていないクルマが見受けられます。

また、それと相まって、718の中古車に多いのが、カレラS 20インチホイールがついていないなど、オプションが微妙で、満足出来ないモデルが出回っているのが現状です。

従って、走りに必要なオプションは最低限満足出来る仕様を選ぶ事が、ポルシェの中古車を買うポイントになるのではないかと思います。

新車、中古車問わず、クルマを選ぶ際には、その点に着目して、選んで見てはいかがでしょうか?

【外装紹介編】

【内装紹介編】

【市街地インプレッション編】

【スポーツエキゾーストON時のエキゾーストサウンド】

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す