Skip to content

中立的な立ち位置とさじ加減

Pocket

11月に入り、寒暖差が激しくなって来ました。
関東でも所々紅葉が見られるようになり、秋らしくなってきましたね。

 

11月の慈光の言葉

主人公

世の中には2種類の人がいる

自分の問題をも誰かのせいにして
嘆き続ける人と
社会の問題まで自分ごととして
解決しようとする人

忘れてはいけない

誰もが自分の主人公であり
社会の主人公であることを

 

私はどちらにも当てはまりません。
嘆く事は止めましたし、社会的な貢献が出来る程の器ではないので、今を一日を自分なりに楽しみ、中立的な立ち位置です。

ある弁当屋の社是の中身に、
「自分が困らない程度に、人の役に立つ」と謳われている一部があります。

まさに、毎日を通して、この中立的なさじ加減が、日常生活において、また仕事においても必要である事を感じます。

過剰になっては疲れてしまうし、やらなすぎるのも人間的にどうかなと思います。

だから、優等生振らないで、中立的な立ち位置、そのさじ加減を常に持ちつつ、状況に応じて、どちらにも手が出せる状態を作っておくことが、気持ちが楽になるのではないでしょうか?

IMG_2932

Categories

情報

Tags

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。