By | 2018年6月5日
Pocket

往年の名機を積むS54エンジン搭載のZ4M Roadstarで、ターンパイクを走ってきました。

車体はそれなりだったけど、この名機の音といい、上まで到達するまでのエンジン回転上昇のドラマといい、いつまでも飽きず、聴きながら、鼓動を感じながら走れて、とても気持ちが良かったです!

さすが、バイエルンのエンジン工場で組まれたBMWのエンジンは、今のクルマにはない感動を与えてくれるユニットでした。

後日、走りの印象について、動画をアップしたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す