Skip to content

ポルシェ・BMW・メルセデスベンツ【欧州車の懐の深い走りの共通点】

Pocket

クルマで走る事が好きな方であれば、欧州車に関心を持たれる方は多いのではないでしょうか?

クルマを楽しく走らせる上で大切なのは、「ステアリングの操舵感」を持っている事です。

なぜならば、クルマを楽しく走らせるためには、常に安心感がなければならないからです。

これは、人間の防衛本能による物で、安心感が感じ取れる中で、楽しいと感じ取れる事実があります。

ドライビングしている時に、ステアリングの操舵感が、どんな時でも常にしっかりと伝わって来れば、間違いなく、クルマを安心して、楽しく走らせる事が出来ます。

例えば、アスファルト路面でクルマを走らせた時と氷上路面でクルマを走らせた時では、ステフリングの操舵感は大きく異なり、氷上で走らせた時の方が圧倒的に軽い操舵感になります。

それによって、慣れていなければ、楽しさよりも不安を感じてしまい、クルマを楽しく走らせる事が出来ないでしょう。

従って、ステアリングの操舵感は、楽しくクルマを走らせる上で、重要なドライビングファクターになります。

欧州車、具体的には、後輪駆動車のポルシェ、BMW、そしてメルセデスベンツと、走破性に定評があるこのクルマは、他社のクルマよりも圧倒的なステアリングの操舵感を持っています。

アスファルト路面と氷上路面とで、極端な例え話を前述しましたが、これらのクルマは、素性からステアリングの操舵感が高い故に、タイヤと路面との接地感、接地性変化の少なさ、それ故にクルマの動きがしっかり読めあることから、例え氷上路面で有っても楽しくクルマを走らせる事が出来ます。

クルマのステアリングの操舵感とは、クルマの動きを読むためのセンサーその物であり、クルマを楽しく、安心して走らせる上で、重要なファクターであると共に、それが欧州車の懐の深い走りの共通点と言えるのです。

ぜひ、そんな観点でステアリングを握って頂き、欧州車のハンドリングの素晴らしさを味わって頂けたらと思います。

 

IMG_3032

IMG_2950

IMG_3587

 

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。