Skip to content

マツダ CX-5 AWD XD PROACTIVE SKYACTIV-Dの走り

Pocket

多くのクルマをインプレッションしていますが、マツダのクルマは乗るたびに、欲しいなと思う気持ちになります。

年末に、後期のアテンザセダンをお借りして、インプレッションをさせて頂いた時には、本当にこのクルマが欲しいと思うくらい、クルマの走りが非常に良くて、ステップワゴンから買い替えたいと思ったほどでした。

昨年から今年に入って、多くのSUVに乗るようになり、CX-5を皮切りに、ミニバン以上のスポーツ性の高い走り、質感の高さ、使い勝手の良さ、スタイリングなど、魅力について理解出来るようになってからというもの、SUVにも興味を持つようになりました。


私が期待していたCX-5の走りは、SUVでありながらも、後期アテンザのようなBMW3シリーズの俊敏且つフットワークの軽い走りと5シリーズのような重厚感のある質感でした。

実際に乗せて頂く機会を得て、一発走らせて分かった事は、ステアリングのセンター付近の応答性が鈍いところでした。

この要素は、クルマを選ぶ上で、非常に重要なファクターになります。

なぜなら、ブレーキングをせずともクリア出来る一般道にありがちな緩やかなコーナーでは、まずコーナー進入する際、ステアリングをセンターから曲がりたい方向へ操舵するからです。


進入してすぐ操舵した時に、応答性が鈍く、クルマが行きたい方向へ瞬時にノーズが応答しなかったら、一瞬不安になります。

安心して楽しくドライビングするために最も重要なのは、如何にクルマの状況が、正確にステアリングから入って来るかです。

それが正確でなければ、不安になるし、次にどう操作していいのか迷いが生じます。

アスファルト路面で、車速が低く、明らかに何事も起きない事が分かっている状況下で、いつも走れるならいいですが、気象状況や路面が目まぐるしく変動するのが道路事情の実態です。

その時、リアルに正確なクルマの状況を感じ取れなければ、人間は精度よくクルマを操れないですし、安心して楽しいドライブには繋がって行かないと考えています。


CX-5を非難するつもりはないですが、BMW3シリーズのような俊敏なハンドリングではなかった事を確認出来、後期のアテンザセダンをそのままSUVにしたクルマではない事がよく分かりました。

良い意味で、マツダのブラックシップ、アテンザセダンの走りこそ、マツダ車オリジナルの走りのテイストを持っており、改めて、早朝の都環で走らせたい気持ちになりました。


大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。