Skip to content

マツダ CX-8 AWD XD L-package SKYACTIV-D【ミニバンから観た、7人乗りSUVの使い勝手の欠点】

Pocket

ミニバンに変わる7人乗り乗用車として注目を浴びているマツダCX-8。

価格は、上級グレードのMクラスミニバンと並び、SUVならではのクルマの質感が非常に高い一台になっています。

今回は、最新のMクラスミニバン、ステップワゴンハイブリッド、セレナe-POWERから観た、CX-8の使い勝手の欠点についてご紹介を致します。


まず一点目は、シートベルト内蔵のキャプテンシートになっているない事です。

これは、大人だけを乗せるセチュエーションでは、不足を感じないかも知れませんが、お子さんが3人いて、チャイルドシートを2席あるような場合ですと、欠点になります。

Cピラー備え付けのベルトで、キャプテンシートにチャイルドシートを乗せた場合、お子さんが3列目のシートに乗り込もうとすると、ベルトをチャイルドシートから外さなくては、乗り込む事が出来ません。

それは、今回お借りした、キャプテンシート横のセンターコンソール付きのクルマ場合ですが、常にお子さんが3列目に座る場所は、これを付けずに、ウォークスルーにする事で、欠点が解決します。


二点目は、3列目シートの収まる足元が非常に狭い事です。

足元がキャプテンシートの下しかなく、しかも、つま先がピッタリ収まるか、狭すぎて収まらないかくらいスペースがありません。

これは、お子さんが3列目シートを使う前提であれば、欠点にはなりませんが、大人が座ろうとすると、少し無理があります。


三点目は、リヤのラゲージスペースに、ベビーカーが収納出来る高さとスペースが足りない事が欠点です。

ベビーカーが2台必要なお子さんの世帯の場合、ラゲージスペースにベビーカーが並列に2台乗らないと、観光地やテーマパークに行く事に不便を感じてしまうかも知れません。

しかし、3列目シートの左右どちらかを収納してしまえば、直列に入れる事は可能です。座れるシートは、一席減りますが、欠点をカバーする事が出来ます。


このように乗員確保と荷積みを最優先した場合は、ミニバンには敵いませんが、限定的に使いこなす事が出来れば、欠点をカバーする事が可能です。

さらに、クルマの質感、ダイナミクス性能など、ミニバンには薄い、SUVならではの本質が兼ね備えているので、クルマに求める優先順位によって、ミニバンかSUVかが見えて来るだろうと考えています。

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。