Skip to content

ホンダ ステップワゴンスパーダハイブリッド【純正ホイールをマッドブラックにしてみる】

Pocket

ブラックスタイルが出てから、特にハイブリッドのブラック塗装された16インチホイールが気になっていました。

足廻りは、ガンメタやブラックが昔から好みで、どうしても黒系の色を選んでしまうのですが、ブラックスタイルのホイールを買うのももったいないと思い続けていました。

そこで、だいぶ前に、使ってみたいと思っていたアイテムを思い出しました。

最近流行りのラバーペイントというやつですが、これの良い所は、気に入らなければ、そのまま剥がせてしまうというところです。

早速、アマゾンで探してみたところ、4本1800円程度で買えてしまうスプレー缶タイプの塗料を見つけました。

あと1週間で4月ですので、冬タイヤからノーマルタイヤに履き替えるついでに、早速今日、ホイールに塗装をしてみました。

1本400mlなのですが、これだけで、4本を1.5回塗り出来てしまいます。

また、花粉症の季節で、ホコリが多い時期のため、こういう時に外で塗装をすると、ゴミが塗装面に付着したり、スプレー缶タイプの塗料なので、吹き付ける時に、荒い霧が出てむらになったり、液だれしやすかったりと、なかなかキレイに仕上げるの大変です。

しかし、今回使ったラバーペイントは、そういった事をあまり気にする事なく使えて、非常に楽に塗装が出来ます。

それは、塗料自体がラバーなので、重ね塗りしてしまえば、ホコリや荒い霧による凹凸、液垂れなども、重ね塗りである程度カバー出来てしまいます。

また、タイヤとホイールの境界にマスキングテープを貼らなくても、まったく塗料が付いた形跡もなく、ブラックであれば施工も不要です。

これだけ使いやすくて、4本で1800円程度ですから、非常にリーズナブルです。

後は、どれだけ、飛び石や洗車等で耐えられるなどの耐用性が気になる所ですが、そこは実際に、クルマが修理から戻ってきた時に履かせてみて、実際に自分で検証して行きたいと思っております。

クルマに装着させましたら、改めてレポートしたいと思います。


※アマゾンで4本セット1784円で
購入したラバーペイントです。

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。