Skip to content

ホンダステップワゴンスパーダハイブリッド【明日、修理から帰ってきます!】

Pocket

事故から1ヶ月の期間を経て、明日、やっと我が愛車ステップワゴンハイブリッドがディーラーの修理から戻ってきます。

動画をアップさせて頂いた際に、たくさんの労いのお言葉をありがとうございました。

今回の修理内容は、幸いにして、フレーム修正までには至らないため、事故車扱いにはならず、査定にも影響がありませんでした。

外装の修理は、左前フェンダー、左前ドア、左スライドドアの交換、左フロントコーナーガラス、左リヤクォーターガラス交換、左フロントピラー、左フロントホイールハウス、左サイドシル板金等が主なメニューでした。

また、左前の足廻りのタイロッドが折れてしまうほど、横から外力が加わってしまっているので、サブフレーム、サスペンションアーム一式、ショック、ナックル、ハブ、ハブベアリング、ブレーキディスク、ドライブシャフト等変えられるものは全交換しました。

その他、ディーラーでお借りしたCR-Vの代車費用と交換部分のコーティング、アライメント調整、左2本本分のホイール交換で、大体110万円ほどの費用がかかりました。

それほど、神経質にはなりませんが、明日引取をして、翌日通勤で走らせてみて、修理後のクルマの状態を確認してみたいと思います。

ここしばらくずっとCR-Vのガソリン車だったので、ステップワゴンハイブリッドに乗るのが非常に楽しみです。

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。