Skip to content

MAZDA 3 15S Touring【第7世代の走りの登場】

Pocket

いつもお世話になっている関東マツダさんに出向き、話題のMAZDA3に乗せていただきました。

直近では、これまで、CX-5 XD PROATIVE、 CX-8 XD L-Pakage、アテンザ 25S L-Pakageと試乗インプレッションをして来ましたが、これらのクルマはマツダで言うところの第6世代走りを持ったクルマになっています。

大きな違いは、エンジンのNV性能、ロードノイズ、風切り音、反響音等の車内の静粛性、走りの滑らかさ、ダイレクト感が、新しくなるに連れて洗練されて来ています。

今回のMAZDA3では、車体の静粛性、走りの滑らかさ、ダイレクトなハンドリングが主に全面的に改良されて、フラッグシップのアテンザの走りをも古く感じさせる第7 世代へと走りが深化していることが特徴です。

この他、シートの位置、座った時のホールド感、ペダルのレイアウトなど、ドライビングポジションも、より一層自然なポジションで運転が出来るようになり、くつろぎながら、ドライブ出来るロングツーリングに最適なクルマに仕上がっています。

正直、MAZDA3が出てきたことによって、今までのフラッグシップで有ったアテンザの走りを凌駕しており、マツダ車の中で、どのクルマがフラッグシップなのか、今のこの瞬間、位置付けが入れ替わっています。

一番興味深かったことは、モデルイヤーごとで、クルマの走りが熟成を重ねて、確実に深化してきているということです。

従って、FMCではなく、MMCでも、他メーカーで言うところのFMCに近い楽しみが詰まっているのがマツダ車の醍醐味であり、MAZDA3を皮切りに走行性能が第7世代へと移り変わり、今後のMCが楽しみでなりません。

MAZDA3後は、10月にSKYCATIV Xの登場、マツダアテンザからMAZDA6へMMC。

年末には、CX-30が登場する予定です。

また、V6 のディーゼルエンジン且つアテンザのFR化、

更に、マツダは、2020年で、100周年を迎えますが、そのタイミングで、ローターリースポーツの誕生が噂されていますので、今後も走りの深化に注目して行きたいと思います。

広告

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。