Skip to content

Porsche 911 Carrera 4S type992【Porscheの挑発】

Pocket

先週、試乗車をお借りして、30分程度乗せて頂く貴重な機会を頂きました。

元々は、992に興味があった訳ではなく、991.2GT3の中古車の商談目的で、ディーラーに行ってきました。

しかし、そこはポルシェで、「最新のポルシェは、最良のポルシェ」と言われるように、実際に乗ってみた後、そこには992の気持ちが心に焼き付いていました。

911ながらもケイマンのようなミッドシップのハンドリング、軽快さと軽さ、動力性能の瞬発力の高さ、そして、インターフェイスの斬新さなど、すべてがこれまでのポルシェらしさを受け継ぎながら、正常進化を果たし、ベースグレードでもピュアスポーツカーになったクルマ、それが新型911です。

そして車両価格が1600〜1700万円台ですが、まともにオプションを付けたいと思うと、どうしても500万円くらいに膨れ上がります。

今、私が注目しているのは、もちろんRRのカレラS ですので、気に入ったボディーカラー、気に入った車内仕様、気に入ったインターフェイス、気に入った外装、必要な走りの装備等々を付けても、991.2GT3 MT車よりも安い価格になります。

従って、新しい走りを見せる911の走りに一目惚れをして、さらに、自分のお気に入り仕様で固めても、場合によっては、991.2 GT3 MT車よりも安く買えてしまうため、992にも気持ちが焼き付いたというわけです。

一方で、新車に近い状態の991.2 GT3は、今でなければ乗れないクルマかも知れないし、これまで憧れてきた私にとっての最高峰のクルマです。

そういう想いもあって、今は、GT3一本でクルマを選定しようとしていますが、同じクルマを買うにあたっても、正規ディーラーでは、PDKよりもMT車が400〜500万円ほど値段が高いです。

一方で並行車は、未登録車ながらも、左ハンドルのMT車、PCCB装着、バケットシート装着の仕様で、正規ディーラーのPDKのクルマよりも安かったり。

そんなこんなで、2年ぶりにクルマ選びにワクワクしている今日この頃であります。

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。