By | 2019年9月16日
Pocket

メルセデス・ベンツ、BMW、アウディーは、そこそこのクルマを買おうとすると500万円以上するから高いし、日本車に乗りたい気持も捨てたくない。

これらのクルマと遜色のない走破性の高さや走りの楽しさを兼ね備えていて、尚且、200〜300万円の価格設定の日本車はないのか?

と思った事はないでしょうか?

今は、日系メーカーのクルマでも、欧州勢と遜色の無いクルマが続々と出てきています!!

その一台が、ホンダシビックハッチバックです。

なぜなら、日・米・欧と世界共通のスタンダードモデルとして、売られているからです。

さらに、ニュルブルクリンクで、ルノー・メガーヌ RS トロフィRに勝つために作られた、FF最速のシビックタイプR FK8型のベースとなるクルマになっています。

世界共通でクルマを作るとなると、その国ごとの道路事情を見据えてクルマを作る必要が出てきます。

ヨーロッパでは、舗装路が多かったり、高速道路では、速度無制限区間があるアウトバーンがあったり。

米国では、土地が広く壮大で、道路が非常に広いので、エンジンの高出力、高トルクが求められたり、大きな車体のクルマの方が使い勝手が良かったり、耐久系が高くなければならなかったり。

日本では、土地や道路も狭く、渋滞が酷いので、渋滞路に対応した経済性と快適性が求められ、アイドルストップ、EV走行、渋滞追従支援技術などなど、

国ごとで求められる性能がある訳ですが、世界のスタンダードモデルで生産することによって、全ての要望に答えられるようにクルマを作って行かなければならなくなるのです。

結果的に、ヨーロッパ車に負けない走破性の高さや走りの楽しさを兼ね備えたクルマが出来るようになりますし、

さらに、高出力で、耐久性の高いエンジン、排ガス性能、燃費性能、自動運転支援技術、そして価格設定等、これらにおいても我々日本人にとって受け入れられるクルマが出来るようになることも見逃せないポイントです。

今回、試乗させて頂いたシビックハッチバックの注目すべき装備の一つが、全車速対応のアダプティブクルーズコントロールです。

2017年の発売当日に乗せて頂いたクルマは、クルーズコントロールのみの設定でしたが、装備に変更が加えられた理由の一つに、日本仕様に合わせて来たことが考えられると思います。

グローバルで鍛えられたクルマが、日本でも乗れる、しかも日本の渋滞事情にあったクルマづくりがなされている。

そして、日本の価格設定にマッチしたこのクルマは、非常にコストパフォーマンスの高いクルマと言える一台になっているのではないでしょうか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください