Skip to content

Porsche Cayman GTS type 981 PDK【なぜ、MTに対してPDKが圧倒的に良いと思わなかったのか?】

Pocket

スズキ スイフトスポーツに引き続き、今回もエニカで、首記クルマを借りて動画収録をしました。

正直、この手のクルマは、アクセス数だけ稼ぐことを考えるならやりませんし、時間もかけません。

しかし、私にとって、ポルシェはスポーツカーで有り、自分の楽しみでも有り、大好きなクルマを味わえる瞬間だからこそ、趣味として動画を収録して配信をしています。

さて、今回の目的は、981GTSをベースとして、MTまたはPDKとどちらが自分のフィーリングに合っているのかを再確認することでした。

結論は、答えが出せませんでした。。というか、圧倒的にPDKが良いと思いませんでした。

早朝の首都高ですと、交通量が少なく、渋滞も無いので、ポルシェを楽しめるペースで走ることが出来るのですが、全くオートマに乗っている感覚がなくなります。

逆に渋滞時や交通量が多い場合ですと、通常の乗用車のオートマと全く変化点を感じることが出来ないので、スポーツカーに乗っているのにオートマに乗っている!ことを強く感じてしまいます。

パドル一押しまたはオートでシフトアップもダウンもしてくれるために、本来、MTの操作で味わう、クラッチを切ってからのシフトアップの操作、あるいは、クラッチを切って、アクセルで回転を上げて、シフトダウンの操作、その後クラッチを繋ぐ操作が一切なくなります。

要するに、アクセルでスピード調整をしながら走るPDKに対して、常にエンジン回転の調整をしながら走るのがMTなので、その感覚的なズレが道路状況において生じるために、圧倒的にPDKが良いと思わなかったのです。

PDKで有っても、常にタコメーターを見ながら走るスポーツ走行時は、確かにMTと同等ないしはそれを超えた楽しさが有るようにも思います。

それは、タコメーターを見ながら、エンジン回転を調整して走る時、ドライバーは、走りの世界に溶け込み、エンジン、ミッション、ステアリング、ボディー、足回り、ブレーキ、タイヤとクルマと同化して走れるようになれるからです。

近年、ゆっくり走っていても、楽しいクルマが求められています。PDKに足りないファクターがあるとすれば、日常走行時におけるエンジン回転との同化ではないでしょうか。

それが、MTと同様に感じられる時、PDKは圧倒的にMT よりも楽しめるハードの一つとして、生まれ変わるのではないでしょうか。



大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。