Skip to content

Ferrari F355 F1 ベルリネッタ【セミクラシックフェラーリと付き合うということ】

Pocket

セミクラシックの領域に入って来ているF355。物に寄っては、2000万円を超える個体も。全損または盗難に合わない限りは、上がる事は有っても、下る事はないでしょう。


私のクルマは、F1マチック車、所謂2ペダルのMTですが、F1パワーユニットの油圧モーターまたはアクチュエーターにトラブルが多い?ケースがあり、その修理に一番費用がかかるらしいです。

それは、F355だけでなく、F360、F430でも抱えているウィークポイントだそうです。


十数年前までは、純正品しかなく、今もかなり品薄だそうで、F1パワーユニットだけで270万円かかるケースもあるとか!


今は、技術力のあるショップ、NSXで有名な東京のKSPさん、千葉のPRIZEさん、オリジナルパーツを販売している名古屋のT-WESTさん、F1アクチュエーター修理を取り扱う世田谷のAria Garageさん。

そして、今回、クルマを買った名古屋の販売店の指定工場のDTSなどがあり、F1パワーユニット交換は、純正品交換のみではなく、油圧モーターのみの交換、アクチュエーターのO.H等も出来るそうです。


このセミクラシックフェラーリF355は、クルマを走らせるだけでなく、こういった、メンテナンスや修理、ウイークポイントの改善を考えながら、クルマの信頼性を少しずつ上げながら乗って行くことも、楽しみの一つだと感じています。

少なくとも、フェラーリ史上最もフェラーリらしいF129のNAサウンドを走りながら聞くためには、やはり、それなりのメンテナンスは、覚悟しないといけないということのようです。

今後、このクルマを通じて、様々な出来事について、具体的な情報を発信をして行きたいと考えております。

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。