Skip to content

ホンダ フリード ハイブリッド クロスター【人馬一体の走りを持つミニバン】

Pocket

先週末、ノーマルのハイブリッドに引き続き、クロスターの試乗をさせて貰う機会を頂きました。

エンジン、足廻り、ボディーの構造等に違いはなく、車重は1440kg、最低地上高は135mm、唯一、ホイールがスチールからクロスター専用のアルミホイールに変わっている事と、フロントバンパー、サイドスカート、リヤバンパーの形状等に違いがある程度です。

今回も同じ高速道路を通るルートを走行しましたが、走りにおいて大きな仕様の違いが無いにも変わらず、明確に走りの違いを感じ取ることが出来ました。

それは、高速道路でレーンチェンジをする際、シートの腰でリヤ動きを感じる瞬間、あたかもタイムラグが無いかのように、リヤの挙動がしっかりとシートの腰の動きとダイレクトにクルマの動きが反応してくれるのです。

あたかもホットハッチのEGやEKシビックのリヤの動きをミニバンで感じて走れるとは夢にも思っていませんでしたが、クルマの軽さによる人馬一体感が得られる楽しい走りがある事が、このクロスターで感じることが出来ました。

この事から今回得られた気づきは、スチールからアルミホイールに変えるだけで、これだけクルマの走りの楽しさを嵩上げすることが出来るんだという事でした。

あたかも、クルマその物のカテゴリーが変わったんじゃないかというくらい、違うクルマに乗っている印象が強く感じたクルマは、このフリードがはじめてかも知れません。

そのくらいクルマの走りがシンプルで、ミニバンで有りながらも、ホンダイズムが籠もった走りの一台ではないかと、非常に好印象な走りでした。

ぜひ、機会があれば、後期モデルのフリードハイブリッドに試乗されることを強くオススメしたいと思います。

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

One thought on “ホンダ フリード ハイブリッド クロスター【人馬一体の走りを持つミニバン】 Leave a comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。