Skip to content

Ferrari F355 F1 berlinetta【箱根ターンパイクで観れる355らしい走り】

Pocket

仙石原にあるfun to driveさんのF355 GTS 6MTをお借りして2年くらいになりますが、時間と走行距離の制限があって、ターンパイクまで行くことが出来ず、走れませんでした。

公道の中では、比較的走りやすく、クルマのパフォーマンスを確認しやすい場所で、そこで355の走りをずっと知りたいと思っていました。

その念願が叶い、やっと箱根ターンパイクで、355を走らせることが出来ました。

ここで感じ取れたことは、まったく古さを感じさせないピュアスポーツカーの走りを兼ね備えているクルマである事でした。

私は、大の355ファンであることもあって、以前、競合車のNSX typeSに乗っていたことが有りました。

NSXは97年式、355は98年式と、走りを比べるにはピッタリと合うこの2台のスポーツカーは、共通するハンドリングが有りました。

それは、NSXに兼ね備わっているクルマとドライバーとが一体感が持てる、クルマの動きにダイレクト感を感じる走破性が355にも備わっていた事でした。

さらに、NSXには無いハンドリングが355には有り、よりセンター寄りのエンジンレイアウトに寄るFRのような、現代の718や981ケイマン・ボクスターを彷彿とさせるような俊敏且つ安心感のある走りがこの時代のミッドシップにあります。

エンジンがドライサンプ化され、V型90度バンクの縦置きの徹底した低重心レイアウトのエンジン、徹底したリヤのショートオーバーハングの恩恵による、コーナリング時のロール知らずな、オンザレールな走りがあります。

そんな走りの中に、355のハイライトであるフラットプレーンクランク採用によるF129エンジン、排気干渉が出ない燃焼タイミングで有ることから、甲高いモータースポーツ譲りのエンジンサウンドが、どこのエンジン回転領域でも、ドライバーをフェラーリサウンドで満たせてくれる演出があります。

355は、最もシンプルなエクステリアやF129のフェラーリサウンドだけではなく、クルマ全体のレイアウトまでもが走りの機能美に反映されている事が、今回ターンパイクで走って分かり、改めて355らしい走りを知る事が出来ました。

もう、ここまで走る楽しさを知ってしまうと、毎週のようにターンパイクまで走りに行きたくなりますし、クルマが傷まない程度に過渡特性が観れるモテギ南コースにクルマを持ち込んで走らない訳にはいきません。

もうしばらくの間、クルマが今のコンディションを保ってくれる事を願うばかりです。

WordPress.com

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。