Skip to content

新年のご挨拶【感謝の仕方について】

Pocket

本日、近所の神社の初詣を済ませてきました。

毎年当たり前の事を当たり前のようにやる習慣から、少し外れていたように思うので、今年は、心機一転、意味を考えずに当たり前の事をまずやってみようということで、これでもいつもより比較的早く初詣でした。

そこで、今回気づいたことは、当たり前のようにおみくじを引いた時でした。

神の教の中で、「感謝の気持ちを忘れてはならない。」という今の自分の状況に必要で、心に響く文面が書かれていました。

実は、母親とも口喧嘩をすることが多々あり、「あんたは、感謝の気持ちを忘れてるわ。そんな気持ちやったら、何やっても上手くいかんで!」

と、色々と諸事情があり、年末から正月にかけて、言われっぱなしの状態で、その言葉の意味を理解しようとしませんでした。

しかし、今日、2年ぶりに神社でおみくじを引いて、感謝の仕方について、神の教えを頂きました。

神の教

食べる事も、着る事も、生きて居ることは、自分一人の力ではなし得ない。

それは、社会の人々の情けの賜物である。

感謝せねばならぬ。

感謝の心が湧いた時、身も心も明るくなる。

その思いが消える時、不平、不満で心が暗くなり、世の中が狭くなる。

まさに、神様が今の自分に投げかけて下さった言葉だと痛感しました。

ジャーナリストになることを目標に掲げ、YouTubeを使って情報発信をして来ました。

携帯依存、ゲーム依存、ネット依存、SNS依存と言われるように、人はネットの世界だけで生きているような、そんな社会になっているような気がしています。

我々、情報発信者も同じで、常にインターネットの中で、如何に自分が生き残れるかを気にしながら、まさに陣取合戦を繰り広げているのが、ネット社会であり、それに疲れていたように思います。

人々は、ネットの中で生きるのではなく、人と人とが共存したリアルな社会でなければ、人間らしく生きて行く事が出来ないと考えます。

共存したリアルな社会が必要と理解していれば、常に感謝する精神を忘れる事なく、広い世界を生きる事が出来ると、感謝の仕方とこれからの生き方についてを改めて教わった気がしています。

そして、当たり前の事を当たり前のようにやる事の意味とは、生きていくための、人為的な行動により、人間らしさを絶やさないためと言ってもいいのではないでしょうか。

人と人とが共存したリアルな世界で、人々の助けを借りる事によって、はじめて生きていられる社会である事を忘れずに、心機一転2020年から再スタートして行きたいと思います。

Categories

未分類

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。