Skip to content

Ferrari F355 F1 berlinetta GTS spider【F1マチック耐久・信頼性向上プロジェクト】

Pocket

F1マチックの耐久・信頼性向上に向けたプロジェクトに向けた準備をはじめました。

そもそも、なぜ、F1マチックは、6MT車よりも不人気かというと、F1マチックに使われる装置のシールの耐用年数が、比較的短いからと言われています。

フェラーリ問わず、日本車に比べてヨーロッパ車は、特にオイル漏れのトラブルが多く、それが理由で、維持できなくなり、手放される方が多く観られます。

骨格部品その物は、全く問題なく使えるのに、樹脂部品のクラックやシール材が弱かったりして、水周りから水が漏れたり、エンジンやミッションのシール面からオイルが漏れたりします。

それによって、エンジンやミッションを下ろしたり、水周りを一式交換したりと、重作業となってしまうので、かなり修理コストがかかってしまいます。

F1マチックもアクチュエーター、オイルポンプ、ミッションにドッキングされるセレクター、それらを繋げる油圧配管等で構成されていますが、それらも油圧を使ったユニットなので、所々にOリングやガスケットによって、繋ぎ面がシールされています。

しかし、6年以上が経過すると、そのシール面のOリングやガスケットが劣化し、オイルがリークするようになります。

それによって、セレクターの動きやクラッチの断続が鈍くなり、シフトが入りにくくなったりして、危険信号が出てきます。

さらに、それを放置しておくと、どんどんオイルが漏れるようになり、ユニット自体にもオイルが減ってくるので、オイルを圧送させるモーターが過負荷で焼き付くトラブルが出てきます。

最後には、モーターが焼き付いてしまうので、ユニット内に規定の油圧が得られないため、変速出来なくなり、不動車となるケースがほとんどのようです。

それでは、どうやったら未然にF1マチックのトラブルが防げるのでしょうか?

それは、正常に作動している時の、F1マチックの作動の仕方を認識しながら、乗る事がまず大切です。

毎回、同じ変速の作動を監視しながら乗るので、それによって、定点観測が出来ます。

いつもと作動が違って来たと感じ取る事が、まず、ドライバーとして必要な仕事だと考えます。

バドルでシフトアップしているのに、作動しないとか、頻発してシフトミスするとか。

日々の定点観測により、トラブルの出始めが把握出来るはずなので、その時、放置しておかずに、システムのオイル漏れの確認をすることが、最も重要になって来ると思われます。

そして、もう一つが、オイル漏れをしていなくても、作動不良を起こす場合も充分考えられ、オイル劣化によって、油圧ラインにデポジットが堆積する可能性があります。

少なくとも、油圧が発生することで、熱を伴い、長時間連続的に作動し続けますし、さらに、リヤバンパー左後ろにマウントされるため、オイルラインが、エンジンやマフラーからの発熱による影響も受けます。

ですので、少し短いインターバルでF1マチックのオイル交換をすることが、重要になってくると思われます。

最後に最も根本的に重要な事は、Oリングやガスケットなどのシール部品を作り変えることです。

冒頭でも述べましたが、欧州の樹脂やシール部品は、非常に耐久信頼性が、日本車で使われているシール部品よりも乏しいです。

経年劣化によるオイルのリークを長期化するためには、日本車で多く採用されているメーカーの部品を使う以外、手立てが無いように思います。

しかし、これらの部品を新規で採用するとなると、F1マチックのユニットを集めて、一つ一つ使っているシール部品の採寸をチェックすることから始めなければならないので、普通の方ですと非常にハードルが高いです。

そこで、今回、F1マチックのユニットを集めて、実績のあるメイドインジャパンのシール部品に作り変える事を検討してます。

それによって、F1マチックのシール部品一式の販売、また要望があれば、F1マチックのO.H等も視野に入れて、F355動態保存会に向けたプロジェクトを推進していく予定でおります。

また、F1マチックの耐久信頼性がある程度、手の内化した際は、次なるプロジェクトも準備しているので、ぜひ、ご期待頂けたら幸いです。

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

One thought on “Ferrari F355 F1 berlinetta GTS spider【F1マチック耐久・信頼性向上プロジェクト】 Leave a comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。