Skip to content

Porsche 911 turbo type 964 前期【クラシックポルシェの魅力】

Pocket

現行ポルシェには、何台か乗って来ましたが、クラシックポルシェに乗るのは、今回がはじめてでした。

そもそも、クラシックポルシェには、興味がなかったのですが、355に乗るようになって、現代のクルマの物足りなさを知って、今回、乗ってみたいと思うようになりました。

初一発乗って大きく感じた事は、非常にスパルタン且つレーシーなクルマである事でした。

お借りしたクルマは、当時のオリジナルのままでは有りませんが、約30年経っているクルマとは全く思えない程、エンジン及びボディーがシャキッとしたジャーマンスポーツカーその物でした。

355は、エンジンは高回転型NAエンジン、車体も一昔の一部モノコックで、リヤがチューブラーサブフレーム構造の車体なので、現代のクルマに乗ってしまうと、低速トルクとボディー剛性不足による応答性が乏しいクルマです。

従って、走りに古さが有ることは否めないのですが、964ターボの走りは、991と比較をしても、ステアリンクフィールの素晴らしさ、ボディー剛性の高さ、エンジンの低速トルクの高さとポルシェ伝統の切れのある吹け上がり感がしっかりと有ります。

そこに当時のクラシックポルシェでないと味わえないスパルタン且つレーシーさがあるクルマなので、例え991GT3と比較をしても、クルマが大人しく思えてしまうほど、クラシックポルシェに魅力を感じました。

私は、元々、ポルシェオーナーになる前から993に興味を持っていたので、近い将来993ターボのマニュアル車が手に入れられれば、自分で所有してみたいと、この964ターボに乗って思いました。

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。