Skip to content

勘違いしてはいけない! Ferrariは、現代社会に活力を与えてくれる。

Pocket

日本の高齢社会、大人社会によって非難されることが多いスーパーカー。

一方で、少数の若手によって、憧れ、夢の対象となるスーパーカー。

2020年5月5日こどもの日、とごからも支配を受けない、素直な思考を持つ近所の中学生が、直接、クルマを見せて欲しいと、自宅まで来てくれました。

経緯を少し話すと、彼は、クルマを見せてもらいたいあまり、私の自宅付近に張り付き、クルマが通るタイミングを待っていたそうです。

しかも、否定をせず応援してくれているお母さんと一緒に!

そして、我々の事を見かけて、自宅のパーキングでご挨拶を頂き、写真を撮らせて下さいと、一枚撮られて喜んで帰られました。

数日後、仲間とクルマを弄る予定が有り、自宅パーキングに集まっていたところ、またその中学生が来てくれました。

クルマを見せて欲しいと!

ちなみに、行動力が高く、思わず聞いてみましたが、川越高校(1位2位の県立高校)を目指ざせるくらいの賢い子だったりします。

賢い子は、幼い頃から行動力がある!!

この実例をわざわざ投稿したのは、今の時代だからこそ、道徳に繋がる大切な事を大人に汲み取って欲しいからです。

少し話が脱線しますが、今の大人はあまりにも、配信する話題に対して、観点がずれたツッコミをして来る行為がよく伺われます。

話題の本質から脱線させて、不満ごとばかりを口に出すお互い不幸を生み出すトラブルメーカー。

不満不平を垂れ流す背景も、全ての人がハッピーになれない日本の体質だから、余計理解はするものの、そんな事言い続けていたって、何もいい方向に進んで行かないと思わないのかな?と正直言って、思考能力が欠けてるんじゃないかと私は思います。

そんな時、中学生が取った模範となる行動が、今の大人にとって、とても勉強になります。

その勉強とは何か?

それは、もっと素直に、ゼロ思考になり、自分の夢や目標を見つめ直し、自分より先をリードしている人を素直に受け取り観察する事です。

素直さが身に付く事で、人間の邪念は洗い流され、夢や目標に向かって、ひたすら走りつづける事が出来るようになる。

そして、健全なコンディションを維持出来る事から優しい気持ちになれて、人をリスペクトする気持ちになれるからこそ、夢や目標に向けた自分自身の最適化が図れるのです。

今の大人の大半を伺っていると、まったくを持って真逆な方向へ向かっている人が、残念ながら多い日本社会だと感じます。

単に感じているわけではなく、我々youtuberは、アナリティクスデータを観察する事によって、どういった方向で人が動いているのかが把握出来ます。

このままだと、確実に日本は崩壊してしまい、格差社会はどんどん広がる一方であることは、容易に想像出来ます。

だからこそ、大切なことは、素直な子供の思考を観察してみることなのです。

そして、子供に夢や目標を託す事が出来るのは、過去に下積みをしてきた大人しかいないのです。

決して、クルマ自慢みたいな低俗的な行為ではないのです。

従って、当方に出来る事は、フェラーリのエンスーとなり、後世の若者に夢や目標を与える事でする。そして、フェラーリをはじめとしたスーパーカーの存在価値を発信し、人間の生きる活力を与える事です。

この根底となる活動方針を日々理解しながら、今後は、ユーチューブ活動、ソーシャル活動を続けて行きますし、フェラーリをはじめとするスーパーカー、スポーツカーの魅力を死ぬまで配信して行く所存であります。

最後に、活力を磨くために、今からでも出来る事をお伝えします。

子供の頃描いていた夢を仲間と思いっきり語り合いましょう!

夢及び目標は、高ければ高いほど良いです!

ちなみに私の夢及び目標は、フェラーリ スペチアーレの傑作、F40とF50を増車することです!!

子供の時と夢は変わっていません!

アマゾンプライムを見ていたら、フェラーリF40洗車しましょうのビデオクリップを見つけました。

YouTubeと同様、30日間無料で見る事が出来るので、ぜひ、この機会に視聴して見て下さい。↓

広告

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。