Skip to content

Porsche 718 Cayman GT4 4.0 vs 981Cayman GT4 3.8

Pocket

週末、718ケイマンGT4をお借りする事になりました。

1年程前は、GT3エンジンが乗ると噂されていましたが、992の3.0Lエンジンベースで、NA 4.0Lエンジン搭載となって登場しました。

4.0Lエンジンのスペックは、

最大出力420ps/7600rpm
最大トルク420Nm/5000-6800rpm

それに対して、3.8Lエンジンのスペックは、

最大出力385ps/7400rpm
最大トルク420Nm/4750-6000rpm

200ccの排気量アップながら、レブリミットは、7600rpmから8200rpmに引き上げられている所が、攻めのポルシェを感じさせてくれます。

しかし、0-100km/h加速が4.4sに対して、981も4.4sと不変で、空車重量(DIN)1420kgと981の1340kg(DIN)に対して、80kgも重量増になっています。

残念ながら、日本の公道では確認出来ませんが、最高速度が304km/hに対して、981は295km/hなので、現代のスーパーカー領域に到達しているので、スペックは確実に向上しており、正常進化をしています。

従って、主にヨーロッパで買われるユーザーにとっては、納得の行くスペックを誇りますが、最高速が限られ、ストップアンドゴーが圧倒的に多い、日本の公道で走らせた時、確実に正常進化しているのか?非常に気になります。

ちなみに、車両のベース価格は、

718ケイマン GT4 1260万円

981ケイマンGT4 1064万円

と約200万円高いクルマになっています。

今回は、この2台を日本市場目線で捉えた観点で、走りの比較、マシンの比較、200万円高くなったなりの良さが感じ取れるのか?私なりの解をお伝えしたいと考えております。

ケイマンは、ポルシェの中でも非常に人気の高いモデルです。

ぜひ、購入を検討させている方にとって、出来るだけ参考になる情報をお伝えしたいと考えおります。

榎本聡さんの ポルシェに乗ると、なぜお金が貯まるのか?【スポーツカーが合理的なクルマである理由】についてブログに書評を上げています。

ポルシェの購入を悩んでいらっしゃる方は必見です!

audibleですと、無料で本の内容を聞く事が出来ます。

本を読むのが面倒くさい、だけど内容が知りたい方は、ぜひ、この機会に利用して見て下さい。↓

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。