Skip to content

Porsche オーナー必見の格安コーディング情報です!

Pocket


ポルシェ繋がりのY氏の紹介で、25才のクルマ屋さん社長と初対面をして来ました。

彼は、中国人で、17才で日本に上京し、コーンズのサービススタッフとして、車検整備、メンテナンス、フィルムの施工等、主にベントレーとランボルギーを扱った仕事をされてきました。

そして、昨年、僅か25才の若さで、埼玉県は八潮で、貸倉庫を借りて、2注リフト、タイヤチェンジャー、診断機等々の設備投資をして、クルマ屋さんを立ち上げました。

八潮というと、チューニングショップが多く、R34GT-Rチューナー小林氏のMCRやピンクのS15シルビアチューナーの岡村氏のヤシオファクトリー等が有名どころで、貸倉庫を借りて、クルマ屋をはじめるには、良好な立地が存在します。

ポルシェが好きで、20才前半で911.1GT3RSオーナーとなりましたが、購入後2万キロを走破した後、維持費がかかる時期に差し掛かり、718ボクスターGTSに乗り換えます。

そして、718ボクスターGTSに原因不明な悪夢が訪れ、首都高でスピンしてしまい、大型トラックとの衝突により廃車となってしまいます。

その後、981 ケイマンGT4に乗り換え、今に至るそうですが、とにかくポルシェが好きなのでお店を立ち上げたそうなので、ポルシェセンター足立(仮称)と我々は呼ぶ事にします(笑)

冗談はさておき、クルマにお金をつぎ込みながらも、自分の株式会社を作ってしまう、非常に将来が楽しみなタイ氏と、共通言語であるポルシェで出会う事が出来ました。

前置きが長くなりましたが、ここからは、ポルシェオーナーに必見な情報があるので、その一部をお伝えをしたいと思います。

今回、オープニング記念ということで、5000円(税別)で、コーディングを受けてく出さいます。

コーディングが出来る車種、年式、内容は、以下の写真を参照下さい。

フルメニューの内容でも、なんと一律5000円(税別)で対応可能です!!

一方で、ポルシェディーラーの車検整備に出されている車両ですと、日本仕様のコーディングに戻されてしまう事があります。

その場合でも、再度、無償でコーディングにも対応してくれるそうです!

コーディングによる問い合わせ先は以下のアドレスになりますので、興味が有りましたら、是非、お問い合わせ下さい。

motormanonlineのYouTube動画を観て問い合わせたとお伝え頂ければスムーズです。

garagers.info@gmail.com

また、車屋さんを経営されていて、YouTubeから販促して欲しい要望がありましたら、お気軽にご相談頂ければと思います。

motormanperformance@gmail.com

g

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。