Skip to content

Ferrari F355 F1は、 やはり不思議のエフだった。

Pocket

今日は、久しぶりに仕事を忘れて、ガレージライフに満喫が出来た1日でした。

しかし、疲れました(笑)

伸ばし伸ばしにしていたF1マチックのオイル交換。

実際に自分でやってみるとよく分かりますが、ブリーダープラグからオイルを吸い出す時のエアが凄い!

これだと、高速で動いているアクチュエータの動きが鈍くなり、特に高温時、エンジンルームが熱気に包まれている状態だと、尚更、動きの応答性が悪くなり、シフトしてくれない症状が出てもおかしくないと感じる程でした。

オイル量は1Lで、モチュールのATFを使用。ちなみにこれは、パワステフルードと共通。

昔、走行会に通っていた時、エキストリクターを使って、一人でエア抜きをした経験がF1マチックのフルード交換に活きました(笑)

オイル、オイル交換に必要な道具、やり方がある程度分かっている人なら、30分もかからない内に終わる作業です。

日中走った時の変速の安定性が向上するかが注目ポイントです。

↑F1マチックのオイル交換①
↑F1マチックのオイル交換②

その後、F355の会の仲間の355F1が入庫。

要望は、音が割れているからスピーカーを交換したい、車高を指1本分まで追い込みたい、フロントに+15mmスペーサを装着し、ツライチ化にしたい。

そして、ハイライトなのは、エアコンの不動トラブルに伴う故障の診断。

この時代に同じ355F1ベルリネッタの日本仕様が揃うのも非常に珍しい事です。

そこでやったことは、私のエアコンECU、そしてコントローラー、最後にリレーを作動している私のクルマの物と付け替えてみて、作動するかどうか検証をしました。

これが出来た事による故障原因の潰し込める幅は、かなり広いのではないかと思います。

流石に、エバポレーター内部のブロアモーターまでは、外して作動するかは見れませんでしたが、交換して確認ーするも、依然作動しないまま。

今回の故障原因を追い込んでみて、動かない理由は、ブロアーモーターに電源が行っていないのではないかということ。

そうなるとどこがおかしいのか? まさに不思議なエフ。

有名ショップのPRIZEさんの社長のブログの題名ですが、まさにそんなトラブルを抱えるクルマがフェラーリだと認識しました。

走っている時だけ楽しい訳ではなく、メンテナンスをしながら、なぜトラブルが発生するのかを推定しながら、ドラブルを追い込んでく楽しみがF355にはあるなと、将来の先行きがはっきりと見えてきました。

とにかく、今後、F355に乗りたいと思っている若者のためにも、エアコンが不動になっている理由をはっきりとさせて、直す方法を構築して、世の中にシェア出来たらと考えております。

●エキストラクター

アストロプロダクツで、色違いのOEM品を購入しましたが、以下の理由で非常に使いやすかったので、ご紹介致します。

・シリンジが軽く、簡単にオイルが抜ける事。

・ジョーロが付いているから、抜き過ぎたオイルが直ぐに戻せる。

・ホースの径が、F1マチックのブリーダープラグにピッタリだった。

【中古車のガリバー】在庫検索

Amazonの「聴く」読書、30日間無料体験実施中。

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。