Skip to content

Ferrari F355 エアコン故障原因の特定完了。

Pocket

No氏の手により、エアコンECUとヒューズボードのリペア品が上がってきました。

これを付けて、エアコンコントローラーにより、風量が調整出来るのか早速確認をします。

その前に、自分のクルマにエアコンECUを付けて、リペアした事によって、作動するようになったのか確認をします。

結果は….

しっかりとブロアは、回るようになりました!!

ただし、一度、手半田でリペアしている基盤のため、全てトランジスタの足を半田付け出来る状況ではなく、半田が乗り切らないために、施行出来ていない場所があります。

そのため、風量の調整は、依然出来ない状態ではありますが、2から3くらいの風量が出るようになったので、エアコンとしての機能は、一応復活させる事が出来ました。

リペアしたECUが作動する事を確認した後、Na号に装着しました。

そして結果は…

なんと、ブロアーが回りません。。

エアコンECU、ヒューズボード、車内配線の断線確認、リレーの作動、ブロアの作動等、問題無い事を確認していたので、想定外ではありました。

しかし、私の方で、事前にググっていた案件が一つだけあり、それが特定される事になりました。

それは、エバポレーターに付いているブロアーレジスターです。

F355は、マニュアルエアコンで、オートエアコンで使われるトランジスタまたはMOS-FETとは違い、アルファロメオ155及び156に使われるほぼ同じレジスターが使われています。

また、古めのアメ車やベンツなどにもブロアレジスタが使われており、言わばブロアモーターの可変抵抗体で、車内のコントローラー風量調整することで、抵抗体の抵抗が変わり、ブロアーモーターの回転数を決めています。

従って、これが壊れてしまうと、風量調整がまったく利かず、ブロアモーターが回らなくなってしまいます。

ただ、最後までブロアレジスターを触らなかったのは、モーターへ供給されるカプラーに電圧が行っていたので、問題ないだろうと思っていた事でした。

しかし、電圧は行っていても、適切な電流が供給されていなければ回るはずが有りません。。

昔、高校物理で習ったオームの法則(笑)

E(V)=R(Ω)× I(A)

仮に、電圧が12Vだったとしても、抵抗値が大きくなり過ぎてしまっていたら、微量な電流しか配線に流れません。

モーターを回すトルクすら生まれないため、12Vが来ているからと言って、回る根拠にはなりません。

従って、可変抵抗体自体が作動せず、大きな抵抗になってしまい、ブロアに電流が流れず、回らない状態になっていたと考えられます。

それを確認するために、また私のクルマから良品を外して確認(笑)

結果、ブロアは回るようになり、エアコンECUとレジスターダブルで壊れていた事から、作動不良が起きていた事がはっきりしました。

     

原因特定は出来た物の、部品の信頼性を上げることが、フェラーリの場合は非常に重要です。

なぜなら、高い純正品に変えたとしても、いずれECUもレジスターも壊れてしまうからで、恒久対策にはならないからです。

今ところ、エアコンECUは、手半田によるリペアしか策が見当たりません。

しかも、一度リペアしてある基盤のため、半田が乗らないという問題点がありますが、最後の手段であるジャンパーで対応するか否かNo氏が検討中です。

ブロアレジスターは、電源とブロアの間の電流を制限しているだけなので、基本的に他のクルマで使っているものでも流用出来るのではないかと考えます。

これらが実現出来るようになれば、現状維持から我々が求める恒久対策に近づき、クルマの稼働寿命が伸ばす事が出来るはずなので、今後は、対策方法を詰めて行きたいと考えております。

↓前篇ブログ

広告

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

One thought on “Ferrari F355 エアコン故障原因の特定完了。 Leave a comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。