Skip to content

Ferrari 355F1にF355純正油温計は、ポン付け出来るのか?

Pocket

355F1には、シフトインジケーターが付いており、油温計が付いていません。

モテギ南コースを走らせた時、右バンクからオイルのミスト状のような物が浮遊し、右リヤのパーテーションガラスが曇った事が有り、何が原因でこのような症状が出ているのか突き止められていませんでした。

予想としては、油温上昇が影響していると考えていますが、原因を確認する目的で油温計を取り付ける事にしました。

油温計は、社外の物が出てますが、私は、ネオ・クラシックフェラーリのオリジナリティーを残したいと考えているので、油温計は、社外品ではなく、F355純正品を付けたいと考えました。

前回のブログより、油温計センサーと配線は、エンジンオイルタンク下面のドレンボルトの横についている事を確認したので、後は、メーターを入手するのみでした。

ここで一番気になるのは、355F1にF355の油温計が、ポン付け出来るのか?です。

結論は、付ける事が出来ます。

しかし、この瞬間ではポン付けではないので、取り付けするにあたって、注意ポイントをお伝えします。

1点目は、今回は、純正配線を見つける事が困難だと判断をしたので、温度センサーからの配線を新たに引き直す必要があった事。

2点目は、油温計入手の可否があり、今回は、摂氏表記の油温計が手に入らなかったので、華氏表記の温度計を取り付ける必要があった事。

3点目は、時計からの付け替えなので、照明用バルブソケットがハーネスに置いてけで、文字盤の照明を新たに新設する必要があった事。

これらについて対応する必要が有りましたが、特に機能的には問題なく、取り付けられる事を確認しました。

一般道を軽く走って、水温はおおよそ90度、油温は80度くらいなので、一般的な値を示しました。

一番良いのは、馴染みのある摂氏表記の純正油温計が取り付けられて、配線がそのまま使えるのがベストでしたが、物の入手の可否や取り付け時間に応じて、今回のような取り付け方も有効的である思いましたので、ご紹介を致しました。

次回は、具体的なメーター周りの配線作業と、新たに新設したLED照明の取り付け例をご紹介致します。

また、純正配線が取り出せる場所も気になる所ですので、確認出来次第紹介する予定でおります。

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。