Skip to content

Ferrari F355の故障原因と想定されるリスクについて

Pocket

故障原因の特定が出来たので、その内容とリスクについてお伝えを致します。

ラジエーター周りとエンジン補機ベルト周りを確認したところ、ラジエーター自体にはトラブルはなく、正常にファンが回る事を確認しました。

しかし、予想はしていましたが、補機ベルトのテンショナープーリーのベアリングが粉砕していて、プーリー自体がベルト軸上から、バルクヘッド側に飛び出している事が確認出来ました。

この補機ベルトは、ACG、ウォーターポンプ、パワステポンプをクランクプーリーの回転力を使って回しているので、回らなくなってしまうと、発電が不能となり、エンジン内部の水が循環せず、パワステが利かなくなります。

しかし、トラブルが出た当初、それらの不具合には見舞われず、それなりに機能を果たして走っていました。

それは、テンショナープーリー自体は脱落してしまった物の、プーリー自体の軸に補機ベルトが接触していて、その軸と摺動しながら、補機が回されていたからだと考えられます。

このまま運転を続けていたら、補機ベルトが切れて、ステアリングが重くなると同時に、エンジンの冷却水が回らなくなるので、エンジン内部に介在する冷却水がスポット的に高温となり、ヘッドとブロックの合わせ面などから水が吹くオーバーヒートを起こしていたと考えられます。

ベルトが切れた途端にエンジンが停止してくれるのが一番良いのですが、恐らく、ACGが駆動していなくても、バッテリー電源自体でエンジンは運転を続ける事が出可能だったりするクルマもあるので、最悪、スポット的なオーバーヒートが考えられます。

従いまして、異音または異臭が発生した場合は、故障被害の拡大を避ける意味でも、無理をせずクルマを安全な場所に停止させて、多少時間がかかっても、レッカーで運搬をすることを強くお伝えを致します。

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

One thought on “Ferrari F355の故障原因と想定されるリスクについて Leave a comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。