Skip to content

Ferrari F355 補器系部品の選定と発注について

Pocket

ACGの補器系部品の発注を完了しました。

在庫の有無、納期、そして価格について気になるフェラーリ部品ですが、普通に国内に在庫が有って、1〜2日でデリバリされて、価格も3万円程度でした。

発注してしまえば、後は、破損部品を外して、納品を待つばかりですが、ACGの補機ベルト及びテンショナープーリーもバリエーションがあるので、発注する際、少し悩まれるかも知れませんので、お伝えをしておきます。

今回の補機ベルト、品名はオルタネーターベルトですが、1252K6と6PK1258と2種類注文する事が出来ます。

具体的に何が違うのか?この瞬間はっきりと分かっていませんが、恐らく、メーカー違いの物か設変品の物ではないかと思われます。

私のフェラーリバックに、この1252K6が入っている事を確認出来たので、念の為、新たに発注をしました。

革が固くなっているフェラーリバックの中に眠っていた補機ベルトなので、ベルト自体が固くなっているし、形も決まっていたり…

こちらは、あくまでも、応急処置用として、残しておく事にしました。

もう一点が、テンショナープーリーです。

こちらは、3つバリエーションがあり、純正(鉄)、純正(樹脂)、社外(鉄)があります。

価格は、純正(鉄)がもっとも高く、定価¥70,700也。

対して、純正(樹脂)は、¥15,700と純正(鉄)とまったく違う価格設定。

Assy番号で種類が分かれるとの事ですが、大きく構成が変わらなそうなので、使う事が可能ではないかと。。

社外(鉄)は、現時点ではメーカーは不明ですが、恐らくHill Engnnering製で、純正鉄プーリーの対策品で、¥20,000也。

この中でどれを選ぶかは、一目良善で、社外(鉄)にしました。

また、上記の鉄プーリーは、プーリーのみになるので、ベアリングとスナップリングが別途必要になります。

ベアリングとスナップリングは、純正品をそのまま発注しました。

たかが、テンショナープーリーなのですが、今回の脱落の原因が、ベアリング破損による原因であることを強く意識していました。

しかし、実際に部品注文に際して、T-WESTさんの過去事例のブログを確認したり、コメントを下さったTさんの話を伺う限り、ベアリングではなく、プーリーに対策品が出ている事を聞いて、考えが混同していました。

それはさて置き、Hill Enginneringが対策品として出しているプーリーであれば、純正品装着時より信頼性が向上すると思われるので、今回は、それで様子をみようと思います。

まだ、脱落したプーリーが外せていないので、部品が手に入り次第、銘柄の確認、仕様の比較等をしてみたいと考えております。

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。