Skip to content

Ferrari 年収400万円からのフェラーリの買い方

Pocket

昨日、久しぶりに、近所の中学3年生の子が遊びに来てくれました。

彼は、ランボルギーニアベンタドールSVJに乗りたいというスーパーカーに憧れを抱いている少年です。

何か聞きたい事が有って来たんじゃないの?と問いかけをしたら、「クルマの買い方を教えて欲しい」と言われました。

私も彼と同じ年の頃から、ずっとR32GT-Rが欲しいと思っていた人間でしたので、まずはクルマの買い方を知って、自分でも買えるのかどうか可能性を明確にしたいと考えていました。

まさに彼も、買えるのかどうか?その白黒をはっきりとさせたい思いがあり、少し楽になりたいと思っていたのでしょう。

結論は、すぐにアベンダドールは買えないかも知れないが、F430だったら買えると伝えました。

それは、私がクルマを買ったエースカーズという名古屋の輸入車販売をしているY氏より伺った話で、年収400万円でF430を買った青年がいる話を思い出したからです。

Y氏は、名古屋でも有数の輸入車を販売するブローカーで、年商20億円を超える売上実績のあるエキスパートです。

Y氏は、名古屋に拠点に置いていますが、名古屋在住の著名人や都内からのお客さんを多く抱えており、リピーターが絶える事がありません。

それは、クルマを購入する際、最もネックとなる金策について、お客さんに合った最適なプランを用意してくれるからだと私は観ています。

彼のお客さんの一人に、そのF430に乗る青年がいて、年収400万円でF430を販売したそうです。

その金策は… 親に保証人になってもらい、クルマを購入したそうです。

流石に、年収400万円、頭金ゼロですと、1000万円を超えるクルマを購入するのは現実的では有りません。

しかし、親に保証人になってもらい、安定した一定の収入があり、生活費等を差し引いた分で、毎月クルマの返済が出来る経済力が試算出来れば、買うことは可能です。

頭金の相場は、例えば、1300万円のクルマを買うためには、1/3にあたる400万円程度は用意しておかないと、クルマを購入する事は難しくなります。

従って、この400万円を埋め合わせ出来るリソースと、一定の収入が証明出来る源泉徴収票がまず入手出来れば、1000万円の最初の大台は、比較的簡単に超える事が出来るでしょう。

もっとも、ゼロから1000万円を超えるクルマを買うのは、正直言って、あまり現実的ではないのが現状ですが、一度、その大台に乗ってしまえば、その後は、比較的簡単に乗り換えが出来るカーライフが待っていたりもします。

私も、今の355F1をY氏より買った時、もし、4年後に買い換える場合は、ポルシェ992GT3が買えるはずだからと言ってくれました。

今の所、355から乗り換える事は考えていませんが、増車出来たらと目標を持って日々生活をしています!

是非、最初の一歩を踏み出して頂き、スーパーカーライフを少しでも早いタイミングで満喫出来る事を願っています。

今後も動画で、クルマの買い方についての役立つ情報も配信して行きますので、是非、視聴頂ければと思います。

【中古車のガリバー】在庫検索

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。