Skip to content

ホンダ N-BOX G・EX ホンダセンシング 【スーパースライドシートは、なぜ使える装備なのか?】

Pocket

今まで、Mクラスミニバンに乗ってきたオーナーにとっては、有効的な装備だと感じました。

その理由は、ウォークスルーが備わり、フレキシブルに運転席から後席にアクセス出来るからです。

特に、今の梅雨の時期、傘を持ってクルマの乗降をする時には、特に有効的な装備であることを痛感しました。

N-BOXは、助手席のみですが、軽自動車の中では590mmという最も長いスライド量を誇ります。

正直、後席にアクセスするだけなら、運転席と助手席の間がウォークスルーになっているので、そこに足を入れれば事が足りてしまいます。

スーパースライドシートの良い所は、後席に移動して、助手席のシートを最前方までスライドさせる事で、クラスを超えた広い空間が得られる事です。

それによって、傘の行き場に困る事がなく、さらに、電動スライドドアになっているので、スイングドアほど、ドアが濡れても気になりにくいですし、且つ、開口部が広いから降りやすい。

そして、隣のクルマとのスペースが狭い駐車場で有っても、ドアパンチするリスクが伴わないので、余計な事を気にせずに降りる事が出来ます。

そして、乗る時もスライドドアを開けると、広い開口部になっているので、傘が自分のクルマのボディーに干渉するリスクも減りますし、乗った後も、後部座席は広い状態なので、濡れた傘の行き場も考える事なく、乗り込む事が出来ます。

もちろん、乗降以外にも、スーパースライドシートの恩恵はあって、親御さんや子供さんの介助のために、運転席から後席にアクセスしやすい仕組みづくりがされていますし、最前方にスライドさせて、さらに助手席側後部座席を跳ね上げる事によって、後席の荷積み面積も広く取れるので、明らかに有効的と言えるのではないでしょうか。

私の場合、現在のステップワゴンハイブリッドからダウンサイジングを考える必要性がある場合には、迷わずN-BOX カスタム G・EXホンダセンシングを選ぶ事になる、生活クルマとして、非常に魅力的なクルマでした。

ブログの詳細動画こちらです。
【中古車のガリバー】在庫検索

Amazonの「聴く」読書、30日間無料体験実施中。

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

3 thoughts on “ホンダ N-BOX G・EX ホンダセンシング 【スーパースライドシートは、なぜ使える装備なのか?】 Leave a comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。