Skip to content

BMW M2 CS 日本導入60台

Pocket

オーナーさんのご厚意によりご紹介頂いた特別な一台

過去にドイツ車に乗っていた経緯があり、motormanonline channelでは、ポルシェ、BMW、メルセデスの動画を何本が配信させて頂いております。

そのきっかけかと思われますが、小生の事に大変ご興味を持って下さり、クルマ仲間としてご連絡を下さり、初顔合わせを皮切りに大変希少なお車をご紹介頂きましたので、ブログでもシェアさせて頂きます。

世界のスプリンターにはなくてはならないドイツの工業製品

ドイツ車は、走り好きな方に取っては、なくてはならない存在の一台ではないかと思います。

私もフェラーリに出会うまでは、ドイツ車の性能至上主義に翻弄されており、常にクルマの走行性能を意識して乗っていました。

一つだけ間違いなく言える事は、走りの性能を常に追求し、サーキット走行などの過渡な場面で運動性能及び動力性能に重点を置かれている方は、ドイツ車の選択が必須となるでしょう。

ニュルでのスペック的な立ち位置

走り好きの方ならば、M2という名前を聞いた瞬間知らない方はいらっしゃらないでしょう。M2は今まで、CSを含めると3つのバリエーションがあって、M2コンペティションをベースにニュルブルクリンクでの速さを磨いたモデルと言っていいでしょう。

ちなみに、ニュルブルクリンクのM2CSの公証タイムが7.42,99と、2021年7月時点でニュル最速の市販車は、メルセデスAMG GTブラックシリーズの6.43,616(2021年)と約1分もの差。

M2のライバル的とも言えるポルシェ 718ケイマンGT4が7.32,700(2019年)と約12秒差。

同等の速さを持つクルマは、ポルシェ 911 GT3 RS 996 7.43,00 (2003)ホンダ シビックタイプR FK8 (2017) 7.43.80と、この辺のクルマと競合になる速さを持っています。

M2及びM2コンペティションとの違い (参考スペック)

M2M2コンペティションM2コンペティションCS
エンジンN55B30A
3.0L 直列6気筒
DOHCツインターボ
S55B30A
ミッションDCT
6MT
出力ps/rpm
トルクNm/rpm
370/6500
465/1400-5560
410/6250
550/2350-5230
450/6250
550/2350-5500
車重kg1580 DCT1630 DCT
1610 MT
1600 DCT
1580 MT
0-100km/h加速s4.3 DCT4.2 DCT
4.4 MT
3.8 DCT
4.0 MT

M2 CSの専用装備

エクステリア

・CFRP製ボンネット エンジン冷却ダクト付き (ノーマル比50%軽量化)

・CFRP製ルーフ チェッカーフラッグパターン

・CFRP製フロントリップスポイラー

・CFRP製ドアミラーカバー

・CFRP製トランクスポイラー

・CFRP製ディフューザー

・19インチ専用アルミ鍛造ホイール ジェットブラック塗装 

・ミシュラン パイロットスーパースポーツ F:245/35ZR19 R:265/35ZR19

・Mカーボンセラミックブレーキ F:6pot R:4pot

・アダプティブMサスペンション 「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」 の3種類のモード切り替え

・アクティブMディファレンシャル

・デュアルエキゾーストシステム(Mロゴ付き2本出しステンレステールパイプ)

・M2 CSエンブレム

インテリア

・アルカンターラステアリングホイール(赤色センターマーカー付き)

・M4 CSシート メノリレザー×アルカンターラ 赤ステッチ仕上げ

・M2CSロゴ入りアルカンターラガーニッシュ

Youtubeでは、オーナーさんよりクルマのご紹介をしておりますので、是非、BMWファンの方はご覧になって見て下さい。

大林 寿行 View All

自動車部品メーカー2社を経て、現在、国内自動車メーカーのエンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」や「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆ではなく、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「ジャーナリストへの道」のFacebook page、ブログを立ち上げ、執筆に向けて記事を更新中。成長社会から成熟社会的へ変わる中、社会的な悩みにフォーカスし、読書や実体験を通じて問題解決に至るテーマとコンテンツ、自ら仕事を開拓出来るような道筋を配信。心と身体の健全化を図り、誰もが本当の自分と幸せを手に入れられる時代のきっかけづくりを目指す。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。