Skip to content

フェラーリ 355F1 ベルリネッタ【マニュアルコンバージョンに伴う概算費用】

Pocket

現在、レストア作業に取り掛かっています。

355F1のレストア作業は、昨日からエンジン系の確認に入り、まだしばらく時間がかかりそうです。

今回のプロジェクトの柱の一つであるマニュアルコンバージョンは、概ね終わりましたが、一体どのくらいの費用がかかるのか?これまで見える化出来ていませんでした。

ここで、一通り部品の洗い出しが出来ていますので、どういった内容でどのくらいの費用がかかるのか?また、PA、PR、XRの1500〜2000万円級のマニュアル車、最終の最終仕様の3000万円級のXRのマニュアル車とどの程度のコストメリットがあるのかに着目して、参考にして頂けたらと思います。

辰巳でお会いしたF355 XR 6MT フィオラノ

マニュアルコンバージョンに伴う部品構成と概算金額

部品名金額
シフター及びシフトリンケージ等60万円
クラッチペダル等7万円
クラッチマスターシリンダー、クラッチ配管等10万円
合計77万円

作業内容

加工及び作業内容金額
ブレーキペダル加工、ブッシュ打ち替え未定
シフトジョイント加工未定
ECUリセッティング 未定
部品取り外し及び取り付け未定

慣れ親しんだマイカーが別のマイカーに生まれ変わる価値。

純正部品単体で77万円、その他必要作業が伴いますが、部品代だけで見れば、思ったよりも安くF1マチックからマニュアルコンバートが出来るイメージを持たれた方もいらっしゃるかも知れません。

私もF1オーナーですが、最終の最終仕様のマニュアル車ですと、台数が極めて少なく、見つかったとしても3000万円級になるので、高すぎて手が出せません。

また、自分自身がクルマのコンディションを熟知している慣れ親しんだクルマをマニュアル化出来るのなら、価格云々よりもマイカーをマニュアル化して継続して乗れるのなら、後者を選びたいと思います。

費用が抑えられて、且つ、F1ベースなので、最終の最終仕様のXRのマニュアルと仕様が変わらず、しかも、慣れ親しんだ自分のクルマが2ペダルから3ペダルに変わり、新しい操作感が手入り、別のクルマとなって引き続き乗ることが出来る、これほど嬉しいことはないのではないでしょうか。

まずは、No氏のクルマを完成させて、クルマの走りをお披露目した段階で、マニュアルコンバージョンの仕事をさせて頂ければと考えております。

大林 寿行 View All

H社及びM社ドイツエンジン部品メーカー2社を経て、国内自動車メーカーの実験エンジニアに従事。主にクルマのエンジン耐久信頼性実験とその研究に携わる。研究においては、H研究所出向中、エンジン内部の要素研究に着手。自動車技術会、SAEへ研究論文を発表し、「ピストンピン打音発生時の潤滑挙動可視化」やM社時代大学の研究室との共同研究「ディーゼル用スチールピストンの摩擦力と特性とスラップ振動の関係」などがある。また、「内燃機関のピストン構造」で特許を出願。しかし、順風満帆な日々は続かず、うつ病を患うことになり、これからの仕事の仕方について真剣に向き合う。情報発信を駆使して、エンジニアからジャーナリストへの転身を見据え、「エンスージアストへの道」ブログを立ち上げ、クルマ系記事を執筆。今年からは、クルマ系動画クリエイターとして独立を果たし、新車及びカー用品のレビューを本格的に実施。ブログ記事執筆によって、動画の新車レビューでお届け出来なかった内容を執筆し、クルマのエッセンスをより詳しく発信。また、カー用品では、デシダルルームミラーを始めとした、主に新車購入時に注目される用品を中心に、海外メーカーからタイアップの話を頂きつつ更新中。クルマを通じて、誰もが楽しいカーライフが得られるきっかけづくりを目指します。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。